【文化】十国峠(日金山)、国指定史跡の記念碑除幕式典


熱海市と函南町にまたがる十国峠峠ケーブルカー頂上の十国峠レストハウスで3月5日、十国峠の文化財指定1周年に伴う記念碑除幕式があった。昨年3月1日付官報で、十国峠(日金山)が国指定史跡となったことを永年に渡り伝えていくため、ケーブルカーを運行する伊豆箱根鉄道(若林久社長)が記念碑を建立し、文化庁から授与されたプレートを取り付けた。
除幕式典には、斉藤栄熱海市長、森延彦函南町長、杉山利勝熱海市議会議長、熱海・函南広域行政推進協議会の米山秀夫、泉明寺みずほ熱海市議、函南町議らが列席。熱海高の吹奏楽部とエイサー部がコラボで演奏・演舞を披露し、式典を盛り上げた。
両市町にまたがる標高約770メートルの十国峠(日金山)は、古くから信仰の地で、中世以降は「伊豆山権現(いずさんごんげん)」と「箱根権現」を結ぶ二所詣(にしょもうで)の道として知られた。江戸時代後期に葛飾北斎や中山高揚らによって富士山や十国五島を見渡す展望地として絵画に描かれ、明治以降も太宰治の「富嶽百景」など多くの文学作品に登場する。
◆十国峠 昔の国名で「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」の十の国がここから見渡せたことに由来。現在の静岡県・山梨県・長野県・神奈川県・東京都・千葉県。晴れ渡った日には富士山や南アルプス、駿河湾はもとより湘南海岸や三浦半島、横浜、東京まで一望できる。





県立田方農業高美術部員がデザインしたラッピング・ケーブルカー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  2. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  3. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
  4. 2020-7-2

    熱海南ロータリークラブ、新会長に岸秀明さん 創立60周年事業を推進

    熱海南ロータリークラブは7月2日、熱海後楽園ホテルで今年度の初例会を開き、新会長に就任した岸秀明氏…
ページ上部へ戻る