【経済】小形タクシー、電気自動車「EV観光タクシー」4月以降も続行 


熱海市の小形タクシーは3月21日、静岡県の「伊豆半島エコリゾート推進事業」を活用し、昨年11月25日から試験的に運行してきた電気自動車(EV)タクシーの続行を決めた。同事業は3月27日までの予定で行われ、EVタクシーの利点や課題を県に報告する。実証実験では利用者から「環境にやさしいEV観光タクシーを続けてほしい」「熱海市や県が目指すスマートコミュニティづくりにふさわしい」などの声が寄せられ、緒方哲郎社長は「電気自動車の観光予約が増えていることもあるが、温室効果ガス排出削減に貢献し、熱海のイメージアップにつなげたい」と述べた。
究極のエコカー、EVは車両価格も高く、充電インフラの整備がまだ十分でない課題もあるが、環境面を考えて年々利用者が増えている。熱海市には現在、長浜海浜公園駐車場、ローソン熱海海岸店、ホテルなど5カ所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の「急速充電器」が設置されている。
問い合わせは☎0557-82-5444(小形タクシー)





長浜海浜公園の急速充電器(一般観光客)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-24

    【観光】熱海の夜空に「どどーん」と5千発、夏季海上花火大会シリーズ開幕  

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第1弾が7月23日、熱海湾であった。午後8…
  2. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  3. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞に425人

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン…
  4. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
ページ上部へ戻る