【編集室】4月2日まで市民を無料招待 熱海ローズフェスティバル


「熱海ローズフェスティバル2017」が開幕したアカオハーブ&ローズガーデン(赤尾宣長社長)では、4月2日まで熱海市民を無料招待している。春らしい陽気となった3月29日、ガーデンを訪れると、太平洋を一望する園内を観光客とともに多くの市民が訪れていた。
4000本のバラは4月中旬から咲き始め、5月に入るとベストシーズンを迎える。バラの鑑賞にはちょっと早かったが、園内では菜の花、スイセン、ヒヤシンス、ストック、ビオラ、ハナモモ、ノースポール、デージー、アーマンディなどの春花が、競うように見ごろを迎えており、お花見が楽しめた。4月中旬には10万球のチューリップがガーデン全体を彩るという。
世界最大の盆栽「鳳凰の松」がある日本庭園「天翔」や錦ヶ浦を借景とした雄大な景観、イチゴ(紅ほっぺ)やバラ、チェリーのアイスクリームなどいずれも世界水準。足を運ぶ価値は十分にある。
(熱海ネット新聞)
問い合わせは0557-82-1221へ
◆アカオハーブ&ローズガーデン 1988年に「曽我森林自然公園」として開園。当初はハーブが中心だったが、その後イングリッシュローズやオールドローズなどが植栽され、現在は25万坪の敷地に12ガーデンが設けられ、約600種4000株のバラが四季を通じて楽しめる。入園するとまず園内バスで一番上まで移動し、降車した後は各ガーデンを散策しながら下る。ローズフェスティバルは3月25日から7月9日まで。















関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る