【社寺】丹那トンネル殉職者慰霊式 殉職者の冥福を祈る


感謝祭に続いて4月5日、第47回「丹那トンネル殉職者慰霊式」(立正佼成会熱海教会=福本昌宏教会長、明るい社会づくり運動熱海・伊東地区協議会=加藤則夫理事主催)が熱海市梅園町の丹那トンネル殉職碑前で営まれ、トンネル工事で殉職した人たちの冥福を祈った。齊藤栄市長、藤曲敬宏県議、工事関係者ら約100人が参列したほか、会員たちが運営を支えた。参列者は丹那トンネル殉職者に哀悼の誠を捧げ、お清めの儀、奉献の儀に続いて黒須基裕熱海教会壮年部長が読経供養を行った。丹那トンネル67人、新丹那トンネル11人の殉職者の戒名が読み上げられ、全員で黙とう。加藤理事が謝辞を述べた。殉職者慰霊式は感謝祭の9年前から始まり、昭和53年から二部構成で実施している。
◆丹那トンネル 昭和9年に丹那トンネルが開通するまで東海道本線は、現在の御殿場線を経由していた。同トンネルの開通で東海道本線のルートは「熱海―函南」経由となり、熱海は飛躍的に発展。完成には16年の歳月(1918年3月~34年12月)を費やし、延べ250万人が工事に従事した。開通時の延長は7804m。
◆大崩壊事故 1921(大正10)年4月1日、丹那トンネルの東口工事現場で起工以来最初の大崩壊事故が発生。坑口から300m(現在の熱海梅園内「香林亭」あたりの直下)の地点で長さ約70mにわたって崩壊。作業中の33名が生き埋めになり、8日後に奇跡的に救出された17名を除く16名の命が奪われた。1924(大正13)年の湧水事故や1930(昭和5)年の北伊豆地震による崩壊事故、その他の事故の犠牲者も含め、計67名が工事中に殉職。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

1月
25
2020
9:30 AM 熱海市民駅伝 @ 網代小→市役所
熱海市民駅伝 @ 網代小→市役所
1月 25 @ 9:30 AM – 11:30 AM
 
1:30 PM 阿波踊り・湘南なぎさ連 @ 糸川遊歩道
阿波踊り・湘南なぎさ連 @ 糸川遊歩道
1月 25 @ 1:30 PM – 2:30 PM
あたみ桜糸川桜まつりで阿波踊り披露
1月
26
2020
10:00 AM 熱海芸妓・野点茶会 @ 熱海梅園
熱海芸妓・野点茶会 @ 熱海梅園
1月 26 @ 10:00 AM
梅まつり会場で熱海芸妓の野点茶会(11:00〜、13:00〜)、演芸会(11:30〜、14:00〜)
2月
8
2020
11:00 AM パーカッション「ナル💛ミDream @ 糸川遊歩道ドラゴン橋
パーカッション「ナル💛ミDream @ 糸川遊歩道ドラゴン橋
2月 8 @ 11:00 AM
あたみ桜糸川桜まつりでパーカションなどの演奏。11:00〜、13:00〜
渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2020-1-22

    【お悔やみ】岩本京子さん(熱海市)1月20日死去

  2. 2020-1-21

    熱海梅園に令和の甘い香り! 御所紅、唐梅、未開紅、鴛鴦、鬼桂花、満月枝垂

  3. 2020-1-21

    熱海市の女性合唱団 米カーネギーホールの日米合唱フェスティバルに出演

  4. 2020-1-21

    来宮神社「節分祭」に向け、豆まきの準備着々 責任当番町の浜町

ページ上部へ戻る