【編集室】ゾウ「イズミ」が62歳で死ぬ、熱海市泉の「ひぐち動物園」看板娘

群馬県桐生市は4月5日、市立桐生が岡動物園で飼育していた雌(めす)のアジアゾウ「イズミ」が死んだと発表した。推定62歳で、国内の雌のアジアゾウで最高齢だった。今月3日までは元気だったが、4日朝、倒れているのを飼育職員が発見。同日午後4時すぎに息をひきとったという。
「イズミ」の名が示すように熱海とはなじみが深い。1955年(昭和30)にタイで生まれ、57年から熱海市泉の民営「ひぐち動物園」で飼育されていたが、閉園に伴い、64年4月に桐生に引っ越した。
同園ではイズミが高齢になってからは天候によっては展示時間を短縮したり、えさに工夫をこらしたりして体の負担軽減を図っていた。地域住民をはじめ、多くの来園者に愛された看板ゾウの死に、亀山豊文桐生市長は「長年にわたり市民に愛されてきたイズミちゃんが亡くなり非常に残念」と追悼のコメント。6日も長きにわたって親しんできた「イズミ」の死を知った人たちが次々に訪れ、両手を合わせた。
(熱海ネット新聞)
写真=桐生が岡動物園のfbより

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る