【編集室】ゾウ「イズミ」が62歳で死ぬ、熱海市泉の「ひぐち動物園」看板娘

群馬県桐生市は4月5日、市立桐生が岡動物園で飼育していた雌(めす)のアジアゾウ「イズミ」が死んだと発表した。推定62歳で、国内の雌のアジアゾウで最高齢だった。今月3日までは元気だったが、4日朝、倒れているのを飼育職員が発見。同日午後4時すぎに息をひきとったという。
「イズミ」の名が示すように熱海とはなじみが深い。1955年(昭和30)にタイで生まれ、57年から熱海市泉の民営「ひぐち動物園」で飼育されていたが、閉園に伴い、64年4月に桐生に引っ越した。
同園ではイズミが高齢になってからは天候によっては展示時間を短縮したり、えさに工夫をこらしたりして体の負担軽減を図っていた。地域住民をはじめ、多くの来園者に愛された看板ゾウの死に、亀山豊文桐生市長は「長年にわたり市民に愛されてきたイズミちゃんが亡くなり非常に残念」と追悼のコメント。6日も長きにわたって親しんできた「イズミ」の死を知った人たちが次々に訪れ、両手を合わせた。
(熱海ネット新聞)
写真=桐生が岡動物園のfbより

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-25

    【文化】千利休の書状と沢庵宗彭の謡本 熱海市指定文化財に追加 

    熱海市教育委員会教委は11月24日、市指定文化財(古文書および書籍)に、世界救世教(本部・熱…
  2. 2017-11-25

    【お悔やみ】星野安枝さん(網代)11月23日死去

    星野安枝さん(ほしの・やすえ)11月23日死去、95歳。熱海市網代。通夜26日午後6時。告別式27日…
  3. 2017-11-24

    【熱海の花】今年は白の冬至梅(とうじばい)、熱海梅園で一番咲きを確認 

    「もみじまつりが」開催中の熱海梅園で11月24日、早咲きの梅が花を咲かせた。昨年より6日遅く、最近1…
  4. 2017-11-24

    【編集室】色づいた庭園を一般公開 新技術開発財団・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園(猪狩直人園長)で1…
ページ上部へ戻る