【編集室】ゾウ「イズミ」が62歳で死ぬ、熱海市泉の「ひぐち動物園」看板娘

群馬県桐生市は4月5日、市立桐生が岡動物園で飼育していた雌(めす)のアジアゾウ「イズミ」が死んだと発表した。推定62歳で、国内の雌のアジアゾウで最高齢だった。今月3日までは元気だったが、4日朝、倒れているのを飼育職員が発見。同日午後4時すぎに息をひきとったという。
「イズミ」の名が示すように熱海とはなじみが深い。1955年(昭和30)にタイで生まれ、57年から熱海市泉の民営「ひぐち動物園」で飼育されていたが、閉園に伴い、64年4月に桐生に引っ越した。
同園ではイズミが高齢になってからは天候によっては展示時間を短縮したり、えさに工夫をこらしたりして体の負担軽減を図っていた。地域住民をはじめ、多くの来園者に愛された看板ゾウの死に、亀山豊文桐生市長は「長年にわたり市民に愛されてきたイズミちゃんが亡くなり非常に残念」と追悼のコメント。6日も長きにわたって親しんできた「イズミ」の死を知った人たちが次々に訪れ、両手を合わせた。
(熱海ネット新聞)
写真=桐生が岡動物園のfbより

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-4-19

    【編集室】チューリップ10万球が見頃、市民入場無料デー開催中/アカオガーデン

    熱海市のホテルニューアカオが運営する「アカオハーブ&ローズガーデン」(赤尾宣長社長)は、4月…
  2. 2018-4-19

    【熱海の花】絶景を眺望 鮮やか、ツツジが満開/MOA美術館「水晶殿」

    熱海駅近くの高台にある桃山で白やピンク、赤などの色とりどりのツツジが見ごろを見迎えている。M…
  3. 2018-4-19

    伊豆半島「世界ジオパーク」認定、ジオリアで記念式典 知事、15市町の首長が参加

    静岡県と伊豆半島ジオパーク推進協議会は4月18日、伊豆市にある展示施設「ジオリア」で「世界ジオパーク…
  4. 2018-4-18

    世界から1156本の応募 レッドカーペットは救世会館/熱海国際映画祭

    熱海国際映画祭実行委員会は4月17日、熱海市役所で記者会見し、市内で初開催する同映画祭(6月28日~…
ページ上部へ戻る