【経済】隈研吾氏設計のカフェ9月オープン、アカオハーブ&ローズガーデン


 熱海市のホテルニューアカオ(赤尾宣長社長)は4月6日、観光庭園「アカオハーブ&ローズガーデン」に新しいカフェを建設すると発表した。場所は世界最大の盆栽「鳳凰の松」がある日本庭園「天翔」の海側部分。設計は2020年東京五輪の新国立競技場をデザインした世界的建築家の隈研吾氏。
カフェは木造平屋建てで、設置面積は約140平方メートル。柱は使わず、建物の中心に8センチ角のヒバ材を積み上げて屋根とつなげる構造で、強度を高めるため、炭素繊維のワイヤを張る特殊な構造の木造建築になる。コンセプトは「自然と共鳴した空間」。四方はガラス張りで、室内からは海や庭園が見渡せる。店内では飲食物や雑貨の販売を行う。オープンは9月中旬の予定。
問い合わせは☎0557-82-1221へ
◆アカオハーブ&ローズガーデン 1988年に「曽我森林自然公園」として開園。当初はハーブが中心だったが、その後イングリッシュローズやオールドローズなどが植栽され、現在は25万坪の敷地に12ガーデンが設けられ、約600種4000株のバラが四季を通じて楽しめる。入園するとまず園内バスで一番上まで移動し、降車した後は各ガーデンを散策しながら下る。ローズフェスティバルは3月25日から7月9日まで。
◆優秀庭園賞 2015年、39カ国のバラ会が加盟する世界バラ会議で民間初の「優秀庭園賞」を受賞。



世界最大の盆栽「鳳凰の松」がある日本庭園「天翔」。ここの海側部分に建築

カフェから見渡す錦ヶ浦


昨年5月、ローズガーデン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-24

    【観光】熱海の夜空に「どどーん」と5千発、夏季海上花火大会シリーズ開幕  

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第1弾が7月23日、熱海湾であった。午後8…
  2. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  3. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞に425人

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン…
  4. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
ページ上部へ戻る