【市政】熱海市制施行80周年を祝う式典、昭和12年に熱海町と多賀村合併


熱海市制施行80周年記念式典が4月10日、市内桃山町のMOA美術館能楽堂で開催された。齊藤栄市長は「熱海の発展の歴史を振り返ると、政財界の要人の保養地として発展した明治・大正の第一の成長期、新婚旅行や社員旅行で賑わった昭和の第二の成長期があった。先人の残してきたものを大切にしながら、第三の成長期を作って、後世にしっかりバトンをつなげていく」と式辞を述べた。
式典では、土屋優行副知事、勝俣孝明、渡辺周衆院議員、藤曲敬宏県議、姉妹都市の長野恭紘別府市長が祝辞を述べた。大沼明穂沼津市長、原崇伊東副市長、菊地豊伊豆市長、福井祐輔下田市長、鈴木好晴伊豆の国副市長、山口昇士箱根町長、森延彦函南町長、冨田幸宏湯河原町長、相馬宏行河津町長、太田長八東伊豆町長、齋藤文彦松崎町長、八谷達男西伊豆副町長と市議、市内企業・団体代表ら250人が出席した。
熱海市は昭和12年4月10日に人口2万6961人の熱海町と4195人の多賀村が合併して、県5番目の市として誕生。昭和32年に熱海市と網代町が合併し、現在の熱海市が誕生した。
式典は2部形式で開催。2部は「熱海温泉誌」刊行記念のフォーラムを開き、一般公募の市民200人と熱海中、多賀中の生徒50人が出席した。
(熱海ネット新聞)


姉妹都市の長野恭紘別府市長

勝俣孝明衆院議員

渡辺周衆院議員

 



土屋優行副知事

杉山利勝市議会議長

藤曲敬宏県議

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-5

    伊豆山神社の神輿渡御、石段下り今年も中止 コロナ禍で2年連続、神事のみ

    熱海市の伊豆山神社例大祭で4月15日に予定されていた御輿渡御と石段下りが昨年に続き、中止されること…
  2. 2021-3-5

    【お悔やみ】東常隆さん(熱海市小嵐町)3月2日死去

    東常隆さん(あずま・つねたか)3月2日死去、82歳。熱海市小嵐町13の7。通夜6日午後6時。告別式…
  3. 2021-3-5

    【お悔やみ】田中秀雄さん(熱海市初島)3月3日死去

    田中秀雄さん(たなか・ひでお)3月3日死去、96歳。熱海市初島187。出棺5日午前10時10分、J…
  4. 2021-3-4

    三菱地所、熱海にワーケーションオフィス開業 ホテルニューアカオと業務提携

    三菱地所は3月4日、ワーケーションオフィス「WORK×ation Site熱海」を5月に開業すると…
ページ上部へ戻る