【市政】熱海市制施行80周年を祝う式典、昭和12年に熱海町と多賀村合併


熱海市制施行80周年記念式典が4月10日、市内桃山町のMOA美術館能楽堂で開催された。齊藤栄市長は「熱海の発展の歴史を振り返ると、政財界の要人の保養地として発展した明治・大正の第一の成長期、新婚旅行や社員旅行で賑わった昭和の第二の成長期があった。先人の残してきたものを大切にしながら、第三の成長期を作って、後世にしっかりバトンをつなげていく」と式辞を述べた。
式典では、土屋優行副知事、勝俣孝明、渡辺周衆院議員、藤曲敬宏県議、姉妹都市の長野恭紘別府市長が祝辞を述べた。大沼明穂沼津市長、原崇伊東副市長、菊地豊伊豆市長、福井祐輔下田市長、鈴木好晴伊豆の国副市長、山口昇士箱根町長、森延彦函南町長、冨田幸宏湯河原町長、相馬宏行河津町長、太田長八東伊豆町長、齋藤文彦松崎町長、八谷達男西伊豆副町長と市議、市内企業・団体代表ら250人が出席した。
熱海市は昭和12年4月10日に人口2万6961人の熱海町と4195人の多賀村が合併して、県5番目の市として誕生。昭和32年に熱海市と網代町が合併し、現在の熱海市が誕生した。
式典は2部形式で開催。2部は「熱海温泉誌」刊行記念のフォーラムを開き、一般公募の市民200人と熱海中、多賀中の生徒50人が出席した。
(熱海ネット新聞)


姉妹都市の長野恭紘別府市長

勝俣孝明衆院議員

渡辺周衆院議員

 



土屋優行副知事

杉山利勝市議会議長

藤曲敬宏県議

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
  2. 2021-9-20

    3連休で熱海サンビーチに多くの人 緊急事態宣言の長期化で息抜き

    秋の3連休の中日となった9月19日、熱海の人出は、前週日曜の12日から増えた。緊急事態宣言の長期化…
  3. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  4. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
ページ上部へ戻る