【編集室】日本三大桜「三春滝桜」、福島の本家より一足先に満開 


姫の沢公園で日本三大桜の一つ「三春滝桜」の枝から接ぎ木した4本の紅しだれ桜が満開を迎え、来訪者の目を楽しませている。平成元年に熱海市観光協会と姉妹提携している磐梯熱海温泉観光協会から梅の苗木との交換で熱海市にプレゼントされたベニシダレザクラで、市が滝桜から接ぎ木した苗木(当時約1・5m)を同公園中腹の青少年広場に植樹して育ててきた。本家「三春滝桜」は毎年4月下旬に見ごろを迎えるが、温暖な熱海は2週間ほど先に咲く。4月14日は、三春町の出身で現在湯河原町に住む男性が観賞に訪れていた。数年前に偶然故郷の桜を見つけ、それからは毎年、散歩がてらに訪れるという。
広場はアスレチックコース上に位置し、晴れた日は昼食を楽しむ家族らでにぎわう。上空には珍しいトリ、いやヘリも見ることができた。
(熱海ネット新聞)

同公園では、4月16日午前10時から第2回熱海・姫の沢公園トレイルラン大会(日本スポーツコミュニケーション協会主催)が開かれる。日金山ハイキングコースとアスレチックコースの一部を使い、1周5・5キロ、高低差300メートル。1周(ファミリー)~4周(ロング)の4種目に320人が出場する。
◆三春滝桜(みはるたきざくら)
福島県三春町の樹齢推定1000年超の紅しだれ桜。日本三大桜の一つに数えられ、大正11年に国の天然記念物。四方に広げた枝から薄紅の花が流れ落ちる滝のように咲き匂うことからこの名が付けられた。







姫の沢公園入り口のソメイヨシノ


昨年のトレイルラン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-5-30

    【編集室】ブーゲンビリア「6月場所」開幕 熱海市街が赤や赤紫に染まる

    熱海市街で南米原産のブーゲンビリアが一斉に見ごろを迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタの花を咲かせた…
  2. 2017-5-30

    【お悔やみ】萩原アキさん(熱海市紅葉ガ丘町)5月27日死去

    萩原アキさん(はぎわら・あき)5月27日死去、97歳。熱海市紅葉ガ丘町7の11。通夜30日午後6時。…
  3. 2017-5-29

    【催しの案内】6月1日から「熱海梅園 ほたる観賞の夕べ」

    園内で育ててきたホタルを観賞する「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(熱海市観光協会主催)が6月1日…
  4. 2017-5-29

    【文化】小山臨海公園に魂の鼓動、響く 南あたみ和太鼓まつりに8団体

    海と公園の南あたみ文化祭実行委員会(網代おやじの会とNPO法人atamista)は5月28日…
ページ上部へ戻る