【編集室】邪心をはらう儀式「三三九手挟式(さんさんくてばさみしき)」奉納


伊豆山神社の例大祭・本祭があった4月15日、神事の後、境内裏で鎌倉時代から受け継がれる弓馬術礼法小笠原教場の弓の儀式「三三九手挟式(さんさんくてばさみしき)」が古式にのっとり行われた。毎年、この神賑奉納行事を楽しみにしている市民は多い。
小笠原流は、初代長清が源頼朝の弓馬術礼法の師範となり、子孫らも江戸時代まで師範として将軍家に仕えた。静岡県弓道連盟が仕切って行われ、熱海市の室伏勲さんをはじめ、介添え役も含めて群馬、神奈川、静岡などから28人の参加した。
武者姿の人物が「始めませえ」と宣言し、三三九手挟式がスタート。今年も武士の礼服「直垂(ひたたれ)」などを着た10人の射手が、細かく定めた所作をこなして9間(約16メートル)先にある直径約30センチの的を正確に射、五穀豊穣(ほうじょう)や厄よけなどを祈った。伊豆山神社は鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝と、妻である北条政子が結ばれた歴史ある神社。その時代の空気が体感できる。一度、この臨場感を味わってほしい。
(熱海ネット新聞・松本洋二)







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  2. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
  3. 2020-8-5

    【お悔やみ】山田チエさん(熱海市西熱海町)8月3日死去

    山田チエさん(やまだ・チエ)8月3日死去、98歳。熱海市西熱海町。出棺7日午前11時、熱海葬祭中央…
  4. 2020-8-4

    コロナ陰性の音楽カフェ利用者、1週間後に「陽性」 クラスター計13人

    陰性だった熱海市住人が1週間後に「陽性」判明ー。静岡県は8月4日、クラスター(感染者集団)が発生し…
ページ上部へ戻る