【社寺】伊豆山神社例大祭、熱海囃子響く 熱海笛伶会


4月16日まで3日間に渡って斎行された伊豆山神社例大祭で、熱海囃子笛伶会が伊豆山勢輿会とともに仲道、浜、岸谷の氏子町内や135号線沿いの伊豆山温泉ホテル旅館などを回り、例大祭を盛り上げた。同会は郷土芸能「熱海囃子」などの笛を後世につたえようと1971年に内野正男さんが結成。現代表の西川正和氏は4代目。小森高正市議をはじめ、高校生、主婦、高齢者など30人で構成、研さんを続けている。熱海梅園「梅まつり」、丹那神社例祭、来宮神社「大楠祭」、こがし祭り、豪華客船「にっぽん丸」の熱海港に入港など、市内のイベントで活躍。伝統芸能を継承するとともに熱海市の誘客にも貢献している。
(熱海ネット新聞)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-24

    【観光】熱海の夜空に「どどーん」と5千発、夏季海上花火大会シリーズ開幕  

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第1弾が7月23日、熱海湾であった。午後8…
  2. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  3. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞に425人

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン…
  4. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
ページ上部へ戻る