【社寺】伊豆山神社例大祭、熱海囃子響く 熱海笛伶会


4月16日まで3日間に渡って斎行された伊豆山神社例大祭で、熱海囃子笛伶会が伊豆山勢輿会とともに仲道、浜、岸谷の氏子町内や135号線沿いの伊豆山温泉ホテル旅館などを回り、例大祭を盛り上げた。同会は郷土芸能「熱海囃子」などの笛を後世につたえようと1971年に内野正男さんが結成。現代表の西川正和氏は4代目。小森高正市議をはじめ、高校生、主婦、高齢者など30人で構成、研さんを続けている。熱海梅園「梅まつり」、丹那神社例祭、来宮神社「大楠祭」、こがし祭り、豪華客船「にっぽん丸」の熱海港に入港など、市内のイベントで活躍。伝統芸能を継承するとともに熱海市の誘客にも貢献している。
(熱海ネット新聞)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-4-23

    【熱海の花】春ウララ、海風に揺れる紫と白のフジ棚が見頃 サンレモ公園

    例年、ゴールデンウィークに見ごろを迎えるサンレモ公園(熱海市和田浜南町)のフジが例年より少し…
  2. 2017-4-22

    【編集室】渚町をアートで彩れ! リノベーションの起爆剤に作品展

    熱海市渚町のリノベーション賃貸物件「nagisArt(ナギサート)」で4月21~23日、市内外の…
  3. 2017-4-22

    【イベント】クラシックカー、伊豆半島駆ける 熱海起点にラリー車34台

    全国のクラシックカー愛好者が伊豆半島の山あいや海辺を2日間かけて約240kmのルートをたどる公道…
  4. 2017-4-22

    【イベント】チア全米一 日大三島「ピンキーチェリーズ」、熱海にエール

    高齢者専用マンション「中銀ライフケア」を運営する中銀インテグレーションは4月22日、熱海市の渚親…
ページ上部へ戻る