【MOA美術館】10万人達成、リニューアルオープンから67日で


今年2月5日にリニューアルオープンしたMOA美術館の入場者が4月19日、10万人を超えた。10万人目は横浜市鶴見区、会社員・藤田竜一郎さん(30)=熱海市下多賀出身=。知人で同僚の高部亜未さん(31)と来館し、「MOA美術館を訪れたのは、小学生の時以来。リニューアルされたと聞き、楽しみにしてきました」と語った。
記念セレモニーでは、同美術館・高見輝宏総務部長から紅白梅図の40分の1レプリカや同美術館のガイドブック、館内フレンチレストラン「オー・ミラドー」のペア食事券が贈られた。
二人は、現在開催中の重要文化財「奇想の絵師 岩佐又兵衛『山中常盤物語絵巻』義経伝説全12巻」や京都の市中と郊外の名所や祭礼行事などを鳥俯瞰図的に描いた屏風「洛中洛外図」などを時間をかけて鑑賞した。
◆年間45万人ペース リニューアルオープンからの入館者10万人は67日目で達成。この間の1日平均は1500人、1日最高は3月6日の1万人。リニューアル前の年間入館者は約26万人。同美術館は今年の目標を40万人としているが、現在は45万人ペース。
◆特別公開 愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」に合わせ、MOA美術館は5月13、14の両日、尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」を特別展示する。
問い合わせは☎0557-84-2511(同美術館)






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-23

    【市政】まちづくり審議会、5年ぶりに発足 委員7人に委託状を交付

    第7回熱海市まちづくり審議会が8月22日、市役所で開かれ、齊藤栄市長が委員7人に委託状を…
  2. 2017-8-23

    【社会】湯河原町で女性はね、重傷負わす 運転していた熱海市職員逮捕 

    小田原署は8月21日、過失運転致傷の容疑で神奈川県湯河原町に住む熱海市職員の男性室長(43)を現行犯…
  3. 2017-8-23

    【観光】「縁結び花火」でさざえ祭りが幕 金と銀のナイアガラ、伊豆山彩る

    晩夏の熱海の風物詩「さざえ祭り&花火大会」最終日の8月2…
  4. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
ページ上部へ戻る