【MOA美術館】10万人達成、リニューアルオープンから67日で


今年2月5日にリニューアルオープンしたMOA美術館の入場者が4月19日、10万人を超えた。10万人目は横浜市鶴見区、会社員・藤田竜一郎さん(30)=熱海市下多賀出身=。知人で同僚の高部亜未さん(31)と来館し、「MOA美術館を訪れたのは、小学生の時以来。リニューアルされたと聞き、楽しみにしてきました」と語った。
記念セレモニーでは、同美術館・高見輝宏総務部長から紅白梅図の40分の1レプリカや同美術館のガイドブック、館内フレンチレストラン「オー・ミラドー」のペア食事券が贈られた。
二人は、現在開催中の重要文化財「奇想の絵師 岩佐又兵衛『山中常盤物語絵巻』義経伝説全12巻」や京都の市中と郊外の名所や祭礼行事などを鳥俯瞰図的に描いた屏風「洛中洛外図」などを時間をかけて鑑賞した。
◆年間45万人ペース リニューアルオープンからの入館者10万人は67日目で達成。この間の1日平均は1500人、1日最高は3月6日の1万人。リニューアル前の年間入館者は約26万人。同美術館は今年の目標を40万人としているが、現在は45万人ペース。
◆特別公開 愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」に合わせ、MOA美術館は5月13、14の両日、尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」を特別展示する。
問い合わせは☎0557-84-2511(同美術館)






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

    静岡県は7月12日、熱海市に住む成人男性と、同居する高齢者女性の2人が新型コロナウイルスに感染した…
  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1…
  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
ページ上部へ戻る