【社寺】頼朝の子・千鶴丸を供養 子育て延命地蔵尊で大祭


熱海市上多賀の「頼朝ライン」沿いの旧跡「頼朝の一杯水」のほとりにある「子育て延命地蔵尊」前で4月24日、同地蔵尊大祭(加藤昭二総代長)があった。檀家14人が御詠歌を奉詠したのに続き、曹洞宗の古刹・宝泉寺の高杉伸道住職が読経し、頼朝の子・千鶴丸を供養 した。

父源義朝が平治の乱で敗れ、頼朝は蛭ヶ小島(伊豆の国市)に20年ほど流された。そんな折り、お目付役の伊東祐親(平家)が京都に上っている間に娘の八重姫と恋仲になり、千鶴丸が生まれる。1180年、帰郷してこれを知った祐親は激怒、3歳の千鶴丸を滝に捨てた。八重姫も幽閉の身に-。
頼朝も命をねらわれ、伊東を脱出して網代から船で上多賀の赤根崎に上陸。伊豆山権現へ逃げる途中、険しい山道を登りつづけ、のどが渇ききった。水を探し回ったが、見つからない。途方に暮れて腰をおろし、刀の柄で大地を突くと、突如水が湧き出し、ぶじ伊豆山神社へ駆け込むことができたという。
ざっくりいうと「頼朝の一杯水」のいわれはこんな感じ。
話は続く。
同地蔵尊は、鎌倉幕府が開かれた約500年後の1693年、仏教修行僧の鉄意道心によって創建された。上多賀の宝泉寺に道心が留まった際、村人からこの悲話を聞き、「頼朝の一杯水」のほとりに小さな祠(ほこら)を建て、自ら彫った地蔵の石像を安置し、供養したという。
現在の祠は、1961年に建て替えられたもので今は小公園となり、千鶴丸を祀(まつ)った峠の新たな地蔵尊も安置されている。300年以上にわたり、地元の檀家によって、お地蔵さんの縁日にあたる4月24日に大祭を開き、供養を続けている。建て替えの際、初代地蔵は宝泉寺に移され、参拝者が毎月24日などに訪れ、供養するとともに五穀豊穣(ほうじょう)や家運繁盛、病気回復などを祈願している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)









関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-24

    【観光】熱海の夜空に「どどーん」と5千発、夏季海上花火大会シリーズ開幕  

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第1弾が7月23日、熱海湾であった。午後8…
  2. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  3. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞に425人

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン…
  4. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
ページ上部へ戻る