【観光】GW、初夏の味覚に舌鼓 「初島ところ天祭り」開幕 5日まで


首都圏に最も近い有人島、熱海市初島で5月1日、初島ところ天祭り(同実行委主催)が始まった。初島港前特設会場では初島名物のところ天を1杯100円で提供し、ところてんの原料である地元特産のテングサをPR。東京、神奈川などから訪れた観光客らが酢醤油、みそだれ、黒みつから好みのたれを選んで初夏の味覚を味わった。
会場の一角では、フェリーの到着に合わせてテングサを大鍋で煮る実演をし、ざるや布でこしたりしてところてん作りを披露している。調理したところてんは翌日に販売される。会場ではサザエつぼ焼きや原料のテングサ、ところ天、黒磯のりなど初島の特産品を販売。期間中(5日まで)の来島客数は1万人を見込んでいる。午前10時~午後4時。
問い合わせは☎0557-67-1400(初島区事業協同組合)














関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る