【観光】ピンクや紫色、ツツジが姫の沢公園彩る シャクナゲも鮮やか


「花まつり」開始中の熱海市の姫の沢公園で、早咲きのツツジ約6万株が見頃を迎えた。鮮紅、紅紫、白、ピンクの花が新緑の山肌を鮮やかに染め、緑の葉に花の絨毯(じゅうたん)が広がった。ツツジ山の斜面には「ヒメノサワ」の花文字が浮かび上がり、彩りを添えている。同公園には丘陵地形を生かして淡いピンクの日本シャクナゲや白や赤色の西洋シャクナゲが約500本植栽されており、訪れた人の目を引いている。
スイレン池の上空には、約100メートルのロープに41匹のこいのぼりがツツジを背景に元気に泳ぎ、来園者はツツジ山を歩いたり、写真に収めたりしてGWを楽しんでいる。
写真=5月3日撮影(熱海ネット新聞)
問い合せ☎0557-83-5301姫の沢公園施設事務所





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  2. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  3. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
  4. 2021-11-30

    紅葉ピークの熱海梅園、梅も続々開花 晩秋と冬春の共演

    「もみじまつり」が最終週を迎えた熱海梅園で380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレンジに染まり、ピー…
ページ上部へ戻る