【編集室】網代漁港は観光資源 漁師まち「あじろ浜市」、眺望も肴もべっぴん

熱海市の網代漁港で5月4日、「あじろ浜市」が開催された。地元の漁師や釣り船船主などで作る「チーム網代浜市新鮮市場」(菊地堅次会長)は朝、同港で水揚げされた魚を販売。菊地堅次会長は「イベントを通じ、首都圏の子供たちに漁師の仕事や網代のことを知ってもらいたい」と80センチほどのワラサを2000円で提供。用意した10匹が瞬く間に売れた。30センチほどのサバは1匹100円。子供たちからは「こんな大きな魚が網代の海を回遊しているの」「漁師さんかっこいい」などの声が上がり、好評だった。スルメイカやサザエなどはその場で焼いて販売され、観光客らを喜ばせた。
網代連合町内会はハヤシライス、お好み焼きそば、綿菓子、味噌おでんなどを廉価で販売した。網代小学校PTA、網代温泉観光協会も出店し、手作りアクセサリーや地アジ、カマスの干物や網代イカメンチバーガー、さざえ飯などを並べた。
目の前に漁師まちの風情たっぷりの網代湾。洋上には海上で釣りができる”いかだ釣り”が浮かび、南熱海の街並み、熱海市街、伊豆山温泉までグルリ見渡せる。網代駅からも近く、隠れた熱海の人気イベントとして年々人気が高まっている。チーム網代浜市新鮮市場と網代連合町内会の共催。
(熱海ネット新聞・松本洋二)








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

6月
30
2017
4:00 PM 「夏越の大祓」 茅の輪くぐり @ 伊豆山神社
「夏越の大祓」 茅の輪くぐり @ 伊豆山神社
6月 30 @ 4:00 PM – 5:00 PM
「夏越の大祓」 茅の輪くぐり @ 伊豆山神社
日常生活において知らず知らずに犯している罪や穢れを、半年ごとに祓い清め、清らかな姿に立ち戻らんとする平安期から続く神事。
7月
9
2017
11:00 AM 中野津島天王祭 @ 津島神社本殿
中野津島天王祭 @ 津島神社本殿
7月 9 @ 11:00 AM – 12:00 PM
7月8日(土)宵宮祭(18:00~) 7月9日(日)本宮祭(11:00~)

ピックアップ記事

  1. 2017-6-25

    【知事選】川勝氏が3選 熱海市の投票率33・39%、県内35市町で最低

    任期満了に伴う知事選は6月25日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属で現職の川勝平太氏(6…
  2. 2017-6-24

    【観光】そうだ熱海、ジャカランダを観に行こう こんなキャッチコピーはいかが

    熱海ジャカランダフェスティバルは6月25日に閉幕するが、渚親水公園一帯のジャカランダは今まさにピーク…
  3. 2017-6-24

    【編集室】ロケ支援のカリスマ市職員、怒りのFacebook休止宣言 何が?

    熱海市のカリスマ職員として全国的に知られ、ロケ支援事業「ADさん、いらっしゃい!」を1人で担当する市…
  4. 2017-6-24

    【社寺】伊豆山神社、6月30日に「夏越の大祓」 参道階段でアジサイ見頃 

    837階段で知られる熱海市の伊豆山神社参道で、アジサイが見頃を迎えている。梅雨入り…
ページ上部へ戻る