【編集室】網代漁港は観光資源 漁師まち「あじろ浜市」、眺望も肴もべっぴん

熱海市の網代漁港で5月4日、「あじろ浜市」が開催された。地元の漁師や釣り船船主などで作る「チーム網代浜市新鮮市場」(菊地堅次会長)は朝、同港で水揚げされた魚を販売。菊地堅次会長は「イベントを通じ、首都圏の子供たちに漁師の仕事や網代のことを知ってもらいたい」と80センチほどのワラサを2000円で提供。用意した10匹が瞬く間に売れた。30センチほどのサバは1匹100円。子供たちからは「こんな大きな魚が網代の海を回遊しているの」「漁師さんかっこいい」などの声が上がり、好評だった。スルメイカやサザエなどはその場で焼いて販売され、観光客らを喜ばせた。
網代連合町内会はハヤシライス、お好み焼きそば、綿菓子、味噌おでんなどを廉価で販売した。網代小学校PTA、網代温泉観光協会も出店し、手作りアクセサリーや地アジ、カマスの干物や網代イカメンチバーガー、さざえ飯などを並べた。
目の前に漁師まちの風情たっぷりの網代湾。洋上には海上で釣りができる”いかだ釣り”が浮かび、南熱海の街並み、熱海市街、伊豆山温泉までグルリ見渡せる。網代駅からも近く、隠れた熱海の人気イベントとして年々人気が高まっている。チーム網代浜市新鮮市場と網代連合町内会の共催。
(熱海ネット新聞・松本洋二)








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-25

    【文化】千利休の書状と沢庵宗彭の謡本 熱海市指定文化財に追加 

    熱海市教育委員会教委は11月24日、市指定文化財(古文書および書籍)に、世界救世教(本部・熱…
  2. 2017-11-25

    【お悔やみ】星野安枝さん(網代)11月23日死去

    星野安枝さん(ほしの・やすえ)11月23日死去、95歳。熱海市網代。通夜26日午後6時。告別式27日…
  3. 2017-11-24

    【熱海の花】今年は白の冬至梅(とうじばい)、熱海梅園で一番咲きを確認 

    「もみじまつりが」開催中の熱海梅園で11月24日、早咲きの梅が花を咲かせた。昨年より6日遅く、最近1…
  4. 2017-11-24

    【編集室】色づいた庭園を一般公開 新技術開発財団・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園(猪狩直人園長)で1…
ページ上部へ戻る