【編集室】網代漁港は観光資源 漁師まち「あじろ浜市」、眺望も肴もべっぴん

熱海市の網代漁港で5月4日、「あじろ浜市」が開催された。地元の漁師や釣り船船主などで作る「チーム網代浜市新鮮市場」(菊地堅次会長)は朝、同港で水揚げされた魚を販売。菊地堅次会長は「イベントを通じ、首都圏の子供たちに漁師の仕事や網代のことを知ってもらいたい」と80センチほどのワラサを2000円で提供。用意した10匹が瞬く間に売れた。30センチほどのサバは1匹100円。子供たちからは「こんな大きな魚が網代の海を回遊しているの」「漁師さんかっこいい」などの声が上がり、好評だった。スルメイカやサザエなどはその場で焼いて販売され、観光客らを喜ばせた。
網代連合町内会はハヤシライス、お好み焼きそば、綿菓子、味噌おでんなどを廉価で販売した。網代小学校PTA、網代温泉観光協会も出店し、手作りアクセサリーや地アジ、カマスの干物や網代イカメンチバーガー、さざえ飯などを並べた。
目の前に漁師まちの風情たっぷりの網代湾。洋上には海上で釣りができる”いかだ釣り”が浮かび、南熱海の街並み、熱海市街、伊豆山温泉までグルリ見渡せる。網代駅からも近く、隠れた熱海の人気イベントとして年々人気が高まっている。チーム網代浜市新鮮市場と網代連合町内会の共催。
(熱海ネット新聞・松本洋二)








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-17

    熱海署「110マン」、ご当地ヒーローもパレード/熱海市民安全大会

    年末の交通安全県民運動(12月15~31日)に合わせ12月17日、熱海市は渚町の渚小公園で市…
  2. 2018-12-17

    今年最後、熱海海上花火大会! 2018年は39万3千人が観賞

    今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」(主催・熱海市ホテル旅館協同組合連合会)が12…
  3. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  4. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
ページ上部へ戻る