【社寺】来宮神社で大楠祭 樹齢2000年の生命力に長寿願う


来宮神社のご神木「大楠」そばの高台に昨年9月に開設した「大楠・五色の杜」で5月5日、大楠祭が齋行され、氏子や観光経済関係者らが参列して長寿や熱海市の繁栄を願った。雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、巫女(みこ)が速神楽に続いて「大楠の舞」を奉納。参列者が玉串を捧げた。大楠の舞は、歌人佐佐木信綱が詠んだ「来宮は樹齢二千年の大樟のもと御国の栄え祈りまつらむ」という歌にちなん30年前につくられた。十二単(ひとえ)に身を包んだ巫女が生田流筝曲宮城会・山形社中が奏でる琴と歌、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)に合わせて優雅に舞った。この舞は、大楠が新葉を付け、もっとも生命力に満ちあふれる5月5日にだけ捧げられる。
大楠・五色の杜の入り口では、熱海囃子笛怜會(あたみばやしてきれいかい、西川和正代表)が和太鼓と笛を演奏し、多くの参拝者をもてなした。ご神木「大楠」は、「パワースポット」として全国に知れ渡り、年々、参拝者でが増加。大楠の落ち葉を財布などに入れ、お守り代わりに大事にしている人も多い。
◆来宮神社の大楠 高さ26m、幹回り24m。全国2位、本州1位の巨木。大楠の回りを1周すると寿命が1年伸び、誰にも告げず1回りすれば、願い事がかなうと言われている。樹齢2000年超で国の天然記念物。
◆大楠・五色の杜 名前の由来の「五色」は、自然界の「木・火・土・金・水」を表し、暦の中でいう「五行説」に由来。「五色の杜」ではそれらを「大楠・明かり・砂利・鉄筋・湧き水」で表現。四季を通じて五色の花が咲くように植栽を続けている。





「速神楽」奉納(巫女=田中美弥、湯田実咲)


「大楠の舞」奉納(巫女=和田悠那、齋田里佳)



奉賛会役員

竹部隆責任当番町委員長

厄年奉賛会奉賛会「跳昇伍團壱會」鈴木宜志会長

厄年奉賛会奉賛会「跳昇伍團壱會」代表者

熱海囃子笛怜會



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

5月
28
2017
10:00 AM 南あたみ和太鼓まつり @ 南熱海マリンホール
南あたみ和太鼓まつり @ 南熱海マリンホール
5月 28 @ 10:00 AM – 3:00 PM
南あたみ和太鼓まつり @ 南熱海マリンホール
<出演団体> 豆州網代太鼓 (熱海市) 伊豆総合高校 郷土芸能部(伊豆市) 創作和太鼓集団 衆(小田原市) 飛龍高校 和太鼓部 (沼津市) 伊東囃子保存会 (伊東市) 湘南打樂たまゆら (平塚市) 鮎壺太鼓保存会(駿東郡長泉町) 天城連峰太鼓 (伊豆市)
10:00 AM 海辺のあたみマルシェ @ 渚親水公園レインボーデッキ
海辺のあたみマルシェ @ 渚親水公園レインボーデッキ
5月 28 @ 10:00 AM – 4:00 PM
 
6:00 PM ほろ酔い講座 光琳とお茶 @ マルヤテラス
ほろ酔い講座 光琳とお茶 @ マルヤテラス
5月 28 @ 6:00 PM – 8:00 PM
ほろ酔い講座第15弾。MOA美術館「琳派の美と光琳茶会の軌跡」に合わせて開催。定員15人。
6月
11
2017
3:30 PM 席亭寄席 @ あたみ石庭
席亭寄席 @ あたみ石庭
6月 11 @ 3:30 PM – 5:30 PM
落語家・三遊亭朝橘さんを迎え、第2回石庭寄席 芒種(ぼうしゅ)宵蛍の噺(はなし)」。前座は三遊亭まん坊さん。

ピックアップ記事

  1. 2017-5-27

    【観光】今季開幕戦は「肉料理」 お宿グルメ対決に「磯船」緊急参戦

    多賀、網代を代表する旅館の料理長が自慢の腕を競う「南熱海お宿グルメフェスタ」が5月27日、長浜海…
  2. 2017-5-27

    【お悔やみ】根本一義さん(熱海市水口町)5月25日死去

    根本一義さん(ねもと ・かずよし)5月25日死去、80歳。熱海市水口町5の44。通夜27日午後6時。…
  3. 2017-5-26

    【文化】「熱海温泉誌」売れ行き好調、1千冊増刷 アマゾンで部門別1位

    市制施行80周年を記念して熱海市が温泉街として発展してきた歴史をまとめた冊子「熱海温泉誌」(定価30…
  4. 2017-5-26

    【市政】旧「熱海童園幼稚舎」に「小規模保育所」 9月開設へ

    熱海市が咲見町の臨済宗妙心寺派の古刹「医王寺」にあった私立「熱海童園幼稚舎」の施設を借り受けて改修し…
ページ上部へ戻る