【社寺】来宮神社で大楠祭 樹齢2000年の生命力に長寿願う


来宮神社のご神木「大楠」そばの高台に昨年9月に開設した「大楠・五色の杜」で5月5日、大楠祭が齋行され、氏子や観光経済関係者らが参列して長寿や熱海市の繁栄を願った。雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、巫女(みこ)が早神楽に続いて「大楠の舞」を奉納。参列者が玉串を捧げた。大楠の舞は、歌人佐佐木信綱が詠んだ「来宮は樹齢二千年の大樟のもと御国の栄え祈りまつらむ」という歌にちなん30年前につくられた。十二単(ひとえ)に身を包んだ巫女が生田流筝曲宮城会・山形社中が奏でる琴と歌、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)に合わせて優雅に舞った。この舞は、大楠が新葉を付け、もっとも生命力に満ちあふれる5月5日にだけ捧げられる。
大楠・五色の杜の入り口では、熱海囃子笛怜會(あたみばやしてきれいかい、西川和正代表)が和太鼓と笛を演奏し、多くの参拝者をもてなした。ご神木「大楠」は、「パワースポット」として全国に知れ渡り、年々、参拝者でが増加。大楠の落ち葉を財布などに入れ、お守り代わりに大事にしている人も多い。
◆来宮神社の大楠 高さ26m、幹回り24m。全国2位、本州1位の巨木。大楠の回りを1周すると寿命が1年伸び、誰にも告げず1回りすれば、願い事がかなうと言われている。樹齢2000年超で国の天然記念物。
◆大楠・五色の杜 名前の由来の「五色」は、自然界の「木・火・土・金・水」を表し、暦の中でいう「五行説」に由来。「五色の杜」ではそれらを「大楠・明かり・砂利・鉄筋・湧き水」で表現。四季を通じて五色の花が咲くように植栽を続けている。





「速神楽」奉納(巫女=田中美弥、湯田実咲)


「大楠の舞」奉納(巫女=和田悠那、齋田里佳)



奉賛会役員

竹部隆責任当番町委員長

厄年奉賛会奉賛会「跳昇伍團壱會」鈴木宜志会長

厄年奉賛会奉賛会「跳昇伍團壱會」代表者

熱海囃子笛怜會



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-24

    【観光】熱海の夜空に「どどーん」と5千発、夏季海上花火大会シリーズ開幕  

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第1弾が7月23日、熱海湾であった。午後8…
  2. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  3. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞に425人

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン…
  4. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
ページ上部へ戻る