【社寺】「跳昇伍團壱會」が事務所開き 来宮神社厄年奉賛会


来宮神社例大祭(7月14日~16日)で平成29年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「跳昇伍團壱會(としょうごうまるいちかい)」(鈴木宜志会長)は4月30日、熱海市清水町の同会事務所で事務所開きを行った。若林正、犬養啓介、三宅範之、鈴木秀旺総代責任役員、中村誠祭典副委員長、山田康夫宮神輿(みこし)保存会会長、松本早人伊豆山卯桜翠辰會会長、江間亮介今宮一心櫻結會会長らを来賓に迎え、会員、女子部員を含め約50人が出席した。
同神社の雨宮盛克宮司による神事の後、小澤会長は「私たちの跳昇伍團壱會が厄年のご奉仕をさせていただく番となりました。御神幸祭が無事成功できますよう会員一丸となって7月の例大祭の準備を進めてまいります」と決意を述べた。(熱海ネット新聞)
◆御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が節分から翌年の節分まで来宮神社の氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。熱海では「御鳳輦奉仕」として代々引き継がれ、7月の来宮神社例大祭では、猿田彦の神の天狗をとともに、御鳳輦が氏子町内を渡御。平成29年度は昭和50年4月2日~51年4月1日生まれ。


【役員】▽会長 鈴木宜志会長▽副会長 平石忠久(兼運営副本部長)、阿部眞一▽運営本部長 沼田敏史▽総務部長 小川貴大▽財務部長 越地毅▽運営副本部長 南幸太、永見浩之▽進行部長(兼運営副本部長)関雅之▽参与 外山大輔、坂本武典▽天狗部長 原田勝吉▽天狗 水谷君亘、高橋一樹▽進行支援部長 水口浩昌、冨塚孝洋、増田博▽設営・資材部長 杉山真都 ▽接待・給与部長 下田国久▽救護部長 大川孝史▽装備部長 宍戸大祐▽衣装部長 北原秀利▽渉外部長 二見光宇馬▽組織部長 高瀬健司▽女子部長 若林典子
写真=「跳昇伍團壱會」提供

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る