【花情報】風薫る5月、自生のフジが甘い香り 笹良ケ台

熱海市の笹良ケ台バス停上の糸川起点付近で、自生するフジの花が咲き誇り、行き交うクルマの乗客の目を楽しませている。房状に垂れ下がった薄紫色の可憐な花がほのかな甘い香りを漂わせ、西熱海ゴルフコースや姫の沢公園に向かう人たちは車の窓を開け放ち、フジのシャワーを視覚と嗅(きゅう)覚で味わっている。車を止めてしばしの森林浴、リフレッシュする人もいる。日一日と咲く花が増えており、今週末には最高の見ごろを迎える。新葉の緑と空色に藤色がよく映える。(熱海ネット新聞)
写真=5月11日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-12

    熱海市、台風被害支援「宿泊クーポン」発行取りやめ 再検討で効果に疑問

    熱海市は12月12日、台風19号で断水などの被害を受けた市内ホテル旅館の誘客促進に発行するとしていた…
  2. 2019-12-12

    俳優・梅宮辰夫さん死去 81歳 長年にわたり、熱海のイベントに協力

    俳優の梅宮辰夫さんが12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなった。真…
  3. 2019-12-11

    マリーズキッチンで「眺めの良いコンサート」 熱海にトランペットの音響く

    冬の熱海海上花火大会に合わせて12月8日、熱海市紅葉ヶ丘町の「マリーズキッチン&ライブスタ…
  4. 2019-12-11

    国際医療福祉大熱海病院、来年3月末で分娩休止 出産可能機関は安井病院だけに

    赤尾光一市議 熱海市の国際医療福祉大熱海病院が、産婦人科の医師の継続的な確保が難しく…
ページ上部へ戻る