【編集室】「熱海の鴨川」にぎわう 梅園のカルガモさんご一行、初川橋到着



熱海梅園で生まれたカルガモ様ご一行が5月10日、初川下流の初川橋付近(ドコモショップ熱海店前)に現れた。さっそく、母ガモが12羽の子供たちに泳ぎ方や滝登り、水草の摂り方などを教えている。今年は一足早く5月1日に同所でカルガモが産声をあげた。熱海梅園で生まれ、移動してきたのは初めて。当地では、ほかにも2カ所で母鳥が卵を温めており、渚町界隈はベイビーブームに沸いている。
朝散歩の途中に、愛くるしく泳ぐカルガモベイビーズのウォッチングに訪れる市民は日毎に増え、「熱海の鴨川」の名で親しまれている。熱海の朝は夜以上に活気に満ちている。グッド・ダック!
(熱海ネット新聞・松本洋二)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る