【社会】ビーチクリーン大作戦2017、見せましょう熱海の底力!


夏シーズンを前に「熱海ビーチクリーン2017」が5月14日、熱海港を起点に一斉に行われ、熱海サンビーチからナナハン岸壁までの海底、防波堤、海岸周辺を60分で一気に清掃。釣り具、空き缶、ゴミを一掃し、国際観光都市「熱海」の底力を披露した。
未来の子供たちにきれいな熱海の海を残すとともに、環境保護の重要さを訴えようという趣旨に賛同した地元ダイバーをはじめ、東京、神奈川、北関東などのダイビングクラブ27団体105人。来宮神社「跳昇伍團壱會」(鈴木宜志会長以下45人)、今宮神社「今宮一心櫻結會会長」(江間亮介会長以下30人)、伊豆山神社「伊豆山卯桜翠辰會」(松本早人会長以下8人)や日大ダイビングクラブなど市内外の陸上ボランティア13団体133人が集結し、水陸合同で「ビーチクリーン大作戦」を展開した。
川口健熱海ダイビング協会会長、齊藤栄市長のあいさつに続いて、ダイバーたちは熱海港やクルーザーやヨットが係留されているスパ・マリーナ熱海の水深3メートル~5メートルの海に潜り、海底からゴミを拾い集めた。陸上の清掃部隊は、熱海サンビーチの砂浜を手始めにムーンテラス、親水公園の通路ナナハン岸壁のゴミを丁寧に拾い、袋に詰めて環境保護を訴えた。
今宮一心櫻結會の女子部は80kgの米をたき上げ、およそ260人分の昼食用のおにぎりを作り、後方支援。作業を終えた参加者に提供した。
26年目を迎えた熱海ビーチクリーンは、毎年5月の第3日曜日に行われ、風薫る季節の風物詩になっている。
(熱海ネット新聞)
◆主催 熱海ビーチクリーン同実行委員会(水口武代表)

















関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  2. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  3. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  4. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
ページ上部へ戻る