【社会】ビーチクリーン大作戦2017、見せましょう熱海の底力!


夏シーズンを前に「熱海ビーチクリーン2017」が5月14日、熱海港を起点に一斉に行われ、熱海サンビーチからナナハン岸壁までの海底、防波堤、海岸周辺を60分で一気に清掃。釣り具、空き缶、ゴミを一掃し、国際観光都市「熱海」の底力を披露した。
未来の子供たちにきれいな熱海の海を残すとともに、環境保護の重要さを訴えようという趣旨に賛同した地元ダイバーをはじめ、東京、神奈川、北関東などのダイビングクラブ27団体105人。来宮神社「跳昇伍團壱會」(鈴木宜志会長以下45人)、今宮神社「今宮一心櫻結會会長」(江間亮介会長以下30人)、伊豆山神社「伊豆山卯桜翠辰會」(松本早人会長以下8人)や日大ダイビングクラブなど市内外の陸上ボランティア13団体133人が集結し、水陸合同で「ビーチクリーン大作戦」を展開した。
川口健熱海ダイビング協会会長、齊藤栄市長のあいさつに続いて、ダイバーたちは熱海港やクルーザーやヨットが係留されているスパ・マリーナ熱海の水深3メートル~5メートルの海に潜り、海底からゴミを拾い集めた。陸上の清掃部隊は、熱海サンビーチの砂浜を手始めにムーンテラス、親水公園の通路ナナハン岸壁のゴミを丁寧に拾い、袋に詰めて環境保護を訴えた。
今宮一心櫻結會の女子部は80kgの米をたき上げ、およそ260人分の昼食用のおにぎりを作り、後方支援。作業を終えた参加者に提供した。
26年目を迎えた熱海ビーチクリーンは、毎年5月の第3日曜日に行われ、風薫る季節の風物詩になっている。
(熱海ネット新聞)
◆主催 熱海ビーチクリーン同実行委員会(水口武代表)

















関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-4-19

    【編集室】チューリップ10万球が見頃、市民入場無料デー開催中/アカオガーデン

    熱海市のホテルニューアカオが運営する「アカオハーブ&ローズガーデン」(赤尾宣長社長)は、4月…
  2. 2018-4-19

    【熱海の花】絶景を眺望 鮮やか、ツツジが満開/MOA美術館「水晶殿」

    熱海駅近くの高台にある桃山で白やピンク、赤などの色とりどりのツツジが見ごろを見迎えている。M…
  3. 2018-4-19

    伊豆半島「世界ジオパーク」認定、ジオリアで記念式典 知事、15市町の首長が参加

    静岡県と伊豆半島ジオパーク推進協議会は4月18日、伊豆市にある展示施設「ジオリア」で「世界ジオパーク…
  4. 2018-4-18

    世界から1156本の応募 レッドカーペットは救世会館/熱海国際映画祭

    熱海国際映画祭実行委員会は4月17日、熱海市役所で記者会見し、市内で初開催する同映画祭(6月28日~…
ページ上部へ戻る