【社寺】日本三大古泉、伊豆山温泉の長久を祈る 走り湯神社で例大祭 



熱海市伊豆山の「走り湯神社」で5月14日、例大祭があった。走り湯温泉組合や伊豆山温泉組合、ホテル旅館関係者ら20人が参列し、伊豆山温泉の元湯「走り湯」の長久を祈った。
伊豆山神社の原口尚文宮司が神事を執り行い、「湯汲(くみ)式」では、原口宮司が湯煙が上がる走り湯の洞窟前の湯だまりから長いひしゃくで沸き出る温泉をくみ上げた。源泉の上にある「走り湯神社」にお湯を捧げ、泉脈が絶えることなく伊豆山温泉の繁栄が続くことを祈願した。
参列者は持ち寄ったたるなどに温泉を分け入れ、それぞれ旅館やホテルに持ち帰り、風呂に入れたり、神棚に供えたりした。
走り湯は、約1300年前(奈良時代)に修験道の行者に発見されたと伝えられ、全国でも珍しい横穴の洞窟の中で温泉が吹き出す間欠泉。山中から噴き出した湯が海岸に飛ぶように走り落ちる様からこの名が付いた。鎌倉時代の正史「吾妻鏡」には愛媛の道後温泉、兵庫の有馬温泉とともに日本三大古泉として紹介されている。現在も走り湯の洞窟へ流れる「いぬの湯」は73度で毎分170リットル、「うまの湯」は72度で毎分150リットル湧出している。
走り湯の守護神である同神社も古い歴史を持ち、平安時代の歌謡に「東国第一の霊場」と歌われている。
(熱海ネット新聞)
◆参列者 平川康(走り湯温泉組合長)、小林伸一郎(大江戸温泉物語ホテル水葉亭支配人)、横山英幸(大江戸温泉物語伊豆エリア担当次長)、松本義広(伊豆山温泉組合長)、中川勝仁(伊豆山温泉旅館組合長)、大舘節生伊豆山神社総代会長、當間達夫(伊豆山地区連合町内会長)、中田剛允(伊豆山・浜町内会長)







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

9月
22
2018
4:00 PM 月の道 薪能 @ 熱海熱海サンビーチ
月の道 薪能 @ 熱海熱海サンビーチ
9月 22 @ 4:00 PM – 9月 23 @ 11:30 AM
 
7:00 PM 次年度説明会 今宮神社厄年奉賛会 @ 起雲閣音楽サロン今宮神社
次年度説明会 今宮神社厄年奉賛会 @ 起雲閣音楽サロン今宮神社
9月 22 @ 7:00 PM – 8:00 PM
今宮和田奉十絆會
9月
24
2018
6:30 PM 源実朝偲ぶ仲秋の名月 @ 伊豆山神社
源実朝偲ぶ仲秋の名月 @ 伊豆山神社
9月 24 @ 6:30 PM – 8:00 PM
源実朝偲ぶ仲秋の名月 @ 伊豆山神社
現代歌壇を代表する歌人の献歌や、実朝の舞の奉納。
7:00 PM 仲秋の観月祭・演奏会 @ 来宮神社
仲秋の観月祭・演奏会 @ 来宮神社
9月 24 @ 7:00 PM – 8:30 PM
月明かりの下、風流な雅楽や琴、雅舞を楽しむ
10月
5
2018
9:30 AM リニューアル記念 特別展 @ MOA美術館
リニューアル記念 特別展 @ MOA美術館
10月 5 @ 9:30 AM – 11月 4 @ 4:30 PM
杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ
10月
7
2018
全日 湯前神社 湯汲みパレード
湯前神社 湯汲みパレード
10月 7 – 10月 9 全日
10月6日 13;00 湯汲み神事(熱海駅前広場)→ 湯汲パレード 10月7日 13;00 献湯祭

ピックアップ記事

  1. 2018-9-21

    「あたみ月の道・薪能」の会場、22日午前11時45分に決定 雨ならMOA美術館で

    熱海芸術祭実行委員会は9月21日、熱海芸術祭の一環で22日に開催する「あたみ月の道・薪能」につい…
  2. 2018-9-21

    岡本ホテル跡地の歩道状空き地に休憩スポット 市民・観光客用に設置/熱海市

    熱海市は市民や観光客向けに市役所そばの旧熱海岡本ホテル跡地(上宿町市有地)に整備した「歩道状…
  3. 2018-9-20

    熱海市を観光庁長官表彰 魅力ある観光地づくりのお手本/観光庁

    観光庁は9月19日、魅力ある観光地づくりやその魅力の発信、訪日外国人旅行者の誘致など、観光の振興、発…
  4. 2018-9-20

    8月末の人口3万7161人 前月から47人減少 世帯数も10減/熱海市

    熱海市は8月末現在の地区、月別人口及び世帯数を公表した。総人口は3万7161人(男性1万6808人、…
ページ上部へ戻る