【社寺】日本三大古泉、伊豆山温泉の長久を祈る 走り湯神社で例大祭 



熱海市伊豆山の「走り湯神社」で5月14日、例大祭があった。走り湯温泉組合や伊豆山温泉組合、ホテル旅館関係者ら20人が参列し、伊豆山温泉の元湯「走り湯」の長久を祈った。
伊豆山神社の原口尚文宮司が神事を執り行い、「湯汲(くみ)式」では、原口宮司が湯煙が上がる走り湯の洞窟前の湯だまりから長いひしゃくで沸き出る温泉をくみ上げた。源泉の上にある「走り湯神社」にお湯を捧げ、泉脈が絶えることなく伊豆山温泉の繁栄が続くことを祈願した。
参列者は持ち寄ったたるなどに温泉を分け入れ、それぞれ旅館やホテルに持ち帰り、風呂に入れたり、神棚に供えたりした。
走り湯は、約1300年前(奈良時代)に修験道の行者に発見されたと伝えられ、全国でも珍しい横穴の洞窟の中で温泉が吹き出す間欠泉。山中から噴き出した湯が海岸に飛ぶように走り落ちる様からこの名が付いた。鎌倉時代の正史「吾妻鏡」には愛媛の道後温泉、兵庫の有馬温泉とともに日本三大古泉として紹介されている。現在も走り湯の洞窟へ流れる「いぬの湯」は73度で毎分170リットル、「うまの湯」は72度で毎分150リットル湧出している。
走り湯の守護神である同神社も古い歴史を持ち、平安時代の歌謡に「東国第一の霊場」と歌われている。
(熱海ネット新聞)
◆参列者 平川康(走り湯温泉組合長)、小林伸一郎(大江戸温泉物語ホテル水葉亭支配人)、横山英幸(大江戸温泉物語伊豆エリア担当次長)、松本義広(伊豆山温泉組合長)、中川勝仁(伊豆山温泉旅館組合長)、大舘節生伊豆山神社総代会長、當間達夫(伊豆山地区連合町内会長)、中田剛允(伊豆山・浜町内会長)







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-23

    静岡県民限定1泊最大5000円割引 都の緊急事態宣言で5月末まで延長

    静岡県は、県民が県内で観光する場合に宿泊費を1泊最大5千円割り引く「今こそ!しずおか!!元気旅!!…
  2. 2021-4-23

    下松田町、銀座、温泉通りで町内会長が交代、熱海市町内会長連合会

    熱海市町内会連合会はこのほど、市役所4階会議室で4月定例会を開き、3町内会の会長交代が報告された。…
  3. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  4. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
ページ上部へ戻る