【観光】世界バラ会議で絶賛のバラが見頃、市民入場無料デーに人、人、人


「熱海ローズフェスティバル2017」開催中のアカオハーブ&ローズガーデン(赤尾宣長社長)は、5月17日までの3日間、熱海市民を無料招待している。16日、ガーデンを訪れると、約600種4000本のバラが見頃を迎え、観光客とともに多くの市民が訪れていた。園内は、赤やピンク、黄、白、オレンジなど色とりどりのバラに彩られ、ガーデン一帯に甘~い香り。大勢の人が花を眺めたり、スマホに収めたりしている。20日過ぎから最盛期を迎え、7月上旬まで楽しめるという。ジギタリス、ラベンダー、クレマチス、ユリ、アガパンサスも咲き誇っている。
来園者をガーデンの最上部まで送り届けるマイクロバスも通常の2台から4台に増やして対応。17日も入場の際、住所のわかるものを提示すれば、熱海市民は無料で入場できる。
問い合わせは☎0557-82-1221へ
◆アカオハーブ&ローズガーデン 1988年に「曽我森林自然公園」として開園。当初はハーブが中心だったが、その後イングリッシュローズやオールドローズなどが植栽され、現在は25万坪の敷地に12ガーデンが設けられ、約600種4000株のバラが四季を通じて楽しめる。入園するとまず園内バスで一番上まで移動し、降車した後は各ガーデンを散策しながら下る。ローズフェスティバルは3月25日から7月9日まで。
◆優秀庭園賞 2015年、39カ国のバラ会が加盟する世界バラ会議で民間初の「優秀庭園賞」を受賞。現在、世界最大の盆栽「鳳凰の松」がある日本庭園「天翔」の海側に世界的建築家・隈研吾氏が設計したカフェ「COEDA HOUSE」を建設中。柱は使わず、建物の中心に8センチ角のヒバ材を積み上げて屋根とつなげる画期的な構造。オープンは9月中旬。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る