【観光】世界が認めた「優秀バラ園」、初夏を彩る アカオハーブ&ローズガーデン


熱海市のアカオハーブ&ローズガーデンで世界各国から集めらた色鮮やかなバラの花が5月24日、ベストシーズンに入った。東京ドーム13個分の敷地には約600種4000株が植えられ、赤、ピンク、黄、白、オレンジが咲き誇っている。ガーデン一帯に甘~い香りが漂い、大勢の人が12種類の庭のバラの花を眺めたり、バラのアーチをくぐったりして絵画のような庭を散策。最盛期のバラは7月上旬まで楽しめる。ワンコもすこぶるご機嫌―。
ローズフェスティバル期間中、「ガーデナーツアー」や石鹸やコロンを作る「バラのおしゃれな手作り体験」も開催。園内は専用のシャトルバスで巡り、オープンカフェではバラのアイスクリームが人気だ。
問い合わせは☎0557-82-1221へ。
◆アカオハーブ&ローズガーデン 1988年に「曽我森林自然公園」として開園。当初はハーブが中心だったが、その後イングリッシュローズやオールドローズなどが植栽され、現在は25万坪の敷地に12ガーデンが設けられ、約600種4000株のバラが四季を通じて楽しめる。入園するとまず園内バスで一番上まで移動し、降車した後は各ガーデンを散策しながら下る。ローズフェスティバルは3月25日から7月9日まで。
◆優秀庭園賞 2015年、39カ国のバラ会が加盟する世界バラ会議で民間初の「優秀庭園賞」を受賞。現在、世界最大の盆栽「鳳凰の松」がある日本庭園「天翔」の海側に世界的建築家・隈研吾氏が設計したカフェ「COEDA HOUSE」を建設中。オープンは9月中旬。





















関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る