【編集室】「鍵盤の女王」マルタ・アルゲリッチ、静寂の能舞台で観衆魅了

MOA美術館のリニューアルオープンを記念した「アルゲリッチ&伊藤京子スペシャルコンサート at NOGAKUDO」が5月24日夜、熱海市のMOA美術館・能楽堂で開かれた。世界最高のピアニストの一人と称されるマルタ・アルゲリッチさんが、熱海市の姉妹都市大分県別府市で「別府アルゲリッチ音楽祭」の総監督を務める伊藤京子さんとのピアノデュオ(連弾)で、モーツァルト「アンダンテと5つの変奏曲 ト単調 K.501」、ラヴェル「マ・メール・ロア」、ショパン「ムーアの民謡風な歌による変奏曲 ニ長調」を協演。カルテット・アマービレカマービレとのアンサンブルではシューマン「ピアノ五重奏曲 変ホ長調 op.44」を披露。巨匠が織りなす繊細で美しいメロディと息の合った演奏に会場を埋めた500人の観衆を魅了した。
アルゲリッチさんのコンサートは2000人~3000人の大ホールで開くことが多く、能楽堂(501席)での演奏は初めてだったが、「欧州の社交界のサロンや教会にも似ていて興味深い」と笑顔で登場。静寂の能舞台に置かれた一台の漆黒のピアノと世界最高峰のピアニストの演奏。研ぎ澄まされた「日本の美」と「クラシック音楽」の融合に首都圏から訪れた観客の一人は「室内音楽の極致、来てよかった」と酔いしれた。
(熱海ネット新聞)
◆マルタ・アルゲリッチ アルゼンチン出身でショパン国際コンクールなど数々の国際コンクールで優勝。世界三大オーケストラのベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団など数々のオーケストラと協演し、「鍵盤の女王」と呼ばれる世界トップのピアニスト。東海地方での演奏は浜松市でのコンサート以来、14年ぶり。これまで数多くクラッシックコンサートを開催してきた同美術館だが、これほどのビッグネームは初めて。
◆主催 岡田茂吉美術文化財団


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  2. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
  3. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  4. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
ページ上部へ戻る