【観光】迫力満点、湯かけまつり神輿パレード 泉公園でクライマックス


温泉に感謝を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける第24回「湯かけまつり神輿パレード」が5月27日夜、湯河原町と熱海市・泉公園で開催され、多くの観光客や地域住民がかけつけた。両市町の境を流れる千歳川の上流「藤木川」の不動滝を午後7時に出発した宿泊客の女性神輿、湯河原睦会、素鳶、巽連の神輿が、見物客からお湯をかけられながら約2キロを練り歩いた。沿道には温泉の「湯」が入った樽(1000樽、約60トン)が用意され、観客が神輿めがけて威勢よく「湯」をかけた。熱海市からも神輿団体が駆け付け、まつりを盛り上げた。
パレードは午後9時にフィナーレ会場の泉公園に到着。泉太鼓の演奏や「どっこいそーりゃ」の神輿甚句が響き渡るなか、勇壮な練りがいくつも重なり、最高潮に達した。火入れ式には森本要副市長、中島幹雄熱海市観光協会連合会長、目黒俊男同ホテル旅館協同組合連合会理事長、渡辺宗雄伊豆湯河原温泉観光協会会長らが参加した。
湯かけまつりは江戸時代、将軍家や大名家に樽詰にした温泉を献上する「献湯神輿」出発の際、道中の安全を祈願してお湯をかけてお祓いする儀式を再現したもので、湯河原町の熊野神社の春の例大祭にあたる5月の第4土曜日に「湯かけまつり」として催される。熱海市の伊豆湯河原温泉観光協会、同旅館組合と湯河原町の湯河原温泉観光協会が毎年合同で開催している。
またメーン会場の湯河原観光会館前広場では、何万本もの箸を燃やし、無病息災・五穀豊穣を祈る「御箸(みはし)まつり」が催された。
(熱海ネット新聞)


◆パレードコース 不動滝→湯河原観光会館→熱海市・泉公園(全長2キロ)








熱海市・泉公園(フィナーレ会場)






湯河原観光会館前広場(メーン会場)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る