【観光】いくつもの光跡確認、熱海梅園の「ホタル」夜間飛行始める


6月1日から熱海梅園で始まる「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」を前に5月30日夜、ホタルが飛び交い始めた。2~3日前から確認されてはいたが、この夜は10匹ほどが光の舞を見せた。熱海市観光協会は3月26日に園内の「ほたる川」にゲンジボタルの幼虫5000匹を放流。毎年、4月上・中旬に水路から陸に上がって地中でサナギとなり、5月下旬から次々に羽化して夜間飛行を始める。今年もフライトスケジュール通りに運行を開始した。園路沿いのフットライト(誘導灯)の設置も完了、本番を迎える準備は整った。
(熱海ネット新聞・ホタル取材班)
◆熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ 開催期間=6月1日~11日(19:00~21:00)▽場所=熱海梅園内初川清流▽入場無料。今年で23回目。
問い合わせ☎0557-85-2222(市観光協会)






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホールの計画案を示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  2. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
  3. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  4. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
ページ上部へ戻る