【社会】海開きや例大祭に備え、市内の河川・側溝を一斉清掃



梅雨時期の環境衛生向上と夏の観光シーズンに備えて6月4日、市内各内会で河川などの一斉清掃や消火栓にホースをつないで水を流し、市道などの側溝掃除を実施した。7月8日の熱海サンビーチの海開きに備え、上天神、和田山、紅葉ガ丘町、小嵐、桜町の西部地区5町内会は連携して和田川を一斉清掃。河川に生い茂った草を刈ったり、川底の流木やカン類のゴミを回収した。
7月2日に「下多賀宮川マス釣り大会」が開催される宮川では、下多賀町内会の住民約460人が繰り出し、市消防団7分団と協力して実施。上宿町では藤曲敬宏県議も参加して糸川河川や側溝、大湯間欠泉などをきれいにした。一斉清掃は、梅雨時期の環境衛生向上と海開き、市内各神社の例大祭に向けて、この時期に実施している。他の町内会も順次実施する。
◆町内会の河川一斉清掃(6月4日)
上宿(糸川)、下松田(下松田川)、上天神、和田山、紅葉ガ丘町、小嵐、桜町(和田川)、下多賀(宮川、仲川)、中野(仲川、梶川)




和田川の清掃







宮川、仲川の清掃






天神町の側溝掃除






上宿町の側溝、大湯間欠泉の掃除

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る