【経済】宿泊客300万人台維持 、駅ビル開業効果で2年度連続

熱海市がまとめた宿泊統計によると、平成28年度(2016年度)の市内宿泊客数が301万8531人(入湯税申告ベース)。2年度連続で300万人台に乗った。14年ぶりに300万人を超えた27年度(2015年度)に比べ2・1%減少したが、昨年8月で営業を終了した宿泊施設2カ所(熱海後楽園ホテルみさき館、ホテル水葉亭)の27年度の実績分がそのまま落ち込めば11万人以上減るところ、熱海駅ビル「ラスカ熱海」の開業で約6万5000人減にとどまった。
熱海の宿泊者数は東日本大震災が発生した翌年度の23年度(2011年度)に246万人まで落ち込んだが、V字回復が続いている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-27

    【お悔やみ】津田博之さん(熱海市中央町)2月25日死去 友楽町町内会長

    津田博之さん(つだ・ひろゆき)2月25日死去、80歳。熱海市中央町3の10。バー「メキシコ」。有楽…
  2. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  3. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  4. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
ページ上部へ戻る