【社寺】虹色のアジサイ、誓欣院で見頃 毎週土曜日はライトアップ






熱海市上宿町の古刹、浄土宗の誓欣院(せいごいん)」(長田明頼住職)で、シーズン中に七色に変わる珍しい品種のレインボーアジサイなど10種類のアジサイ約200株が見頃を迎えた。前日梅雨入りし、一段と色づき、訪れた人は境内をゆっくりと歩きながら水色、白、紫、ピンクと色とりどりの花を写真に収めたり、スケッチをして楽しんでいる。同院ではシーズン中、土曜日の日没から午後9時までライトアップする。
昼のあじさいは、咲き誇り迫力ある花が魅力だが、夜は幻想的な雰囲気で毎年評判を呼んでいる。
(写真=6月8日撮影・熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  2. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
  3. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  4. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
ページ上部へ戻る