【経済】中島幹雄会長を再選 熱海市観光協会29年度定時社員総会


一般社団法人熱海市観光協会は6月14日、熱海聚楽ホテルで平成29年度定時社員総会を開いた。任期満了に伴う役員改正では、中島幹雄氏(中島水産代表取締役)を再選した。任期は2年。他の観光協会が市などの補助金の中で事業を展開する中、熱海市観光協会は平成28年度の事業費1億6100万円の内、熱海市からの補助金は約7800万円。残る8300万円は収益事業の自主財源で賄い、1198万円の黒字を計上。経営手腕が高く評価された。
平成29年度事業計画・収支予算も決め、今年度予算は事業効率を高め、前年度より1024万削り、1億5141万円。新規事業では海の観光資源を発掘し、誘客につなげようと市内ダイビングショップなどの協力を得て「水中フォトコンテスト」(7月N10日~10月31日)を実施する。
(熱海ネット新聞)

◆中島幹雄会長は 来年から静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が始まり、2020年東京五輪・パラリンピックに向けてチャンスはさらに広がる。いま熱海は東の泉から、西の網代にかけて、いつ来ても何かしらのイベントをやっており、大変にぎわっている。一方であらゆる業界で人手不足続いており、夜のにぎわいを取り戻すことも急務。観光協会としてもこれらの問題解決に協力していきたい。
◆主な事業収益 サンビーチウォーターパーク(1584万円)、梅園駐車場(1533万円)、コインロッカーなどの雑収入(695万円)、ビーチパラソル(651万円)、バナー広告(250万円)など。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る