【観光】ほたる観賞の夕べ、11日間で4343人、前年比17%減 

熱海市観光協会は6月1~11日に熱海梅園で催した「ほたる観賞の夕べ」(1~11日)の人出を発表した。前年よりも開催日が1日減らしたこともあり、人出は4343人(前年比17・2%減)にとどまった。期間中、最も来場者が多かったのは3日で801人。梅園前駐車場の利用は605台(同22・4%減)、来園タクシーは251台(同37・3%減)といずれも前年を下回った。一方、旅館・ホテルの送迎は159台(同8・9%増)と増加した。
(熱海ネット新聞)
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  2. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
  3. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
  4. 2020-10-22

    【お悔やみ】土屋八郎さん(熱海市網代)10月20日死去

    土屋八郎さん(つちや・はちろう)10月20日死去、87歳。熱海市網代。通夜22日午後6時。葬儀23…
ページ上部へ戻る