【観光】ジャカランダ、夜の遊歩道では「別の顔」 ブルーの夜桜が人気!

熱海市のジャカランダ遊歩道で、夜間ライトアップが人気を呼んでいる。世界三大花木ジャカランダの青紫の花が、照明で幻想的に彩られ、昼の情熱的な顔から一転、エレガントな輝き。ジャカランダは「南米のサクラ」と呼ばていることから、熱海市観光協会は新たな”夜桜見物”として売り出しており、これが結構人気。遊歩道には竹灯籠が設置され、「貫一・お宮」をはじめ、マーメイド(人魚姫)、温泉などのオブジェが淡い光で彩られ、ファンタジーな雰囲気。お宮緑地一帯が、相乗効果で夜の人気デートスポットとなっている。
熱海市は2年連続で年間宿泊客数が300万人を超え、堅調が続いているが、中高年者の旅行者が多く、夜の客足が少ないのが課題。しかし、今年は夜のジャカランダ効果でにぎわいを取り戻しているという。
ジャカランダフェスティバルは6月25日まで。ライトアップは午後6時~9時。問い合わせは熱海市観光協会☎0557-85-2222へ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
◆世界三大花木 ジャカランダ(紫雲木)、フランボヤン(鳳凰木)、スペトデア(火焔木)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  2. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
  3. 2020-8-5

    【お悔やみ】山田チエさん(熱海市西熱海町)8月3日死去

    山田チエさん(やまだ・チエ)8月3日死去、98歳。熱海市西熱海町。出棺7日午前11時、熱海葬祭中央…
  4. 2020-8-4

    コロナ陰性の音楽カフェ利用者、1週間後に「陽性」 クラスター計13人

    陰性だった熱海市住人が1週間後に「陽性」判明ー。静岡県は8月4日、クラスター(感染者集団)が発生し…
ページ上部へ戻る