【社寺】伊豆山神社、6月30日に「夏越の大祓」 参道階段でアジサイ見頃 


837階段で知られる熱海市の伊豆山神社参道で、アジサイが見頃を迎えている。梅雨入りの後、続いた雨で一層色づきが濃くなっている。同神社では、6月30日午後4時から「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」を斎行する。大祓は、日常生活において知らず知らずに犯している罪や穢(けが)れを、半年ごとに祓い清め、清らかな姿に立ち戻らんとする平安期から続く神事。社前に「茅の輪」を設け、原口尚文宮司が絹や麻の布を引き裂いて魔物が嫌うとされる「衣擦(きぬず)れの音」を響かせ、除災を祈願したあと、参列者が古式に従い三度、茅の輪をくぐる。熱海の夏の風物詩。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

    静岡県は7月12日、熱海市に住む成人男性と、同居する高齢者女性の2人が新型コロナウイルスに感染した…
  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1…
  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
ページ上部へ戻る