【文化】世界ジオパーク認定、現地調査行程決定 熱海市は7月27日

伊豆半島ジオパーク推進委員会は6月28日、伊豆市の修善寺総合会館で2017年度の総会を開き、7月25日~27日に行われる世界ジオパーク認定に向けた現地調査の行程を明らかにした。3日間かけて、伊豆半島を反時計回りに移動しながらジオサイト11カ所を含む16カ所を視察する。熱海市は最終日の27日で玄岳などを視察した後、市内のホテルで夕食会を開き、最終アピールする。審査委員は、アジア太平洋ジオネットワーク(APGN)コーディネーターのイブラヒム・コモー氏(マレーシアとハツェグ・カントリー恐竜ジオパークの地質学者アレクサンドル・アンドラサヌ(ルーマニア)の2人。
今回の行程は、2年前の現地審査の行程を踏襲しつつ、「火山孤同士が現在進行形で衝突している珍しい場所」という地質の国際的価値をアピールすることに重点を置き、丹那断層を審査先に加えた。
現地審査後は9月に中国で開かれるユネスコ(国連教育科学文化機構)の世界ジオパーク評議会で審査され、「受諾」「保留」「却下」いずれかの勧告が下される。
受諾となった場合、2018年春に開催されるユネスコ執行委員会で認定の可否が決まる。
【審査行程】
7月25日=ジオリア、わさび沢(伊豆市)、堂ヶ島、一色枕状溶岩(西伊豆町)
7月26日=松崎町歩き(松崎町)、子浦、南伊豆町VC(南伊豆町)、鍋田浜、下田市街地(下田市)、伊豆急ジオトレイン
7月27日呉=大室山、城ヶ崎海岸、ジオテラス伊東(伊東市)、玄岳、断層公園、火雷神社(函南)、夕食会(熱海市)

(熱海ネット新聞)


国際会議「ユネスコ(国連教育科学文化機関)世界ジオパーク国際会議」(昨年9月)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-5

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部24位 3区でヘリヤー理紗さん区間3位  

    第21回静岡県市町対抗駅伝競走大会は12月5日、県内全35市町の37チームが参加して静岡市内の12…
  2. 2020-12-5

    熱海の老舗寿司「 三代目 和可奈」、二段重高級おせちの予約開始 巣ごもり反映

    年越しまで1カ月を切り、熱海市渚町の老舗寿司店「熱海三代目和可奈◯」でおせ…
  3. 2020-12-4

    元サッカー日本代表・中田英寿氏、熱海でトークショー 「工藝と食」熱弁

    熱海市のMOA美術館は12月4日、サッカー元日本代表MF・中田英寿氏、人気パティシエ・鎧塚…
  4. 2020-12-4

    金森和道さん、熱海市清水町にコロナ対策専門店 市民の感染対策に一助

    新型コロナウイルスの感染症拡大防止に役立ててほしいと、熱海市清水町に新規オープンした「あん…
ページ上部へ戻る