【国交省】熱海港エリア調査費に1500万円、伊豆箱根の「海の玄関口」整備

国土交通省は6月29日、民間の設備投資と一体で進めるインフラ整備を支援する「官民連携による基盤整備推進調査費」の平成29年度2回目の配分先として熱海市、静岡市、中津川市(岐阜)、新宮市、御坊市(ともに和歌山)5件の事業を決めた。熱海市が実施する調査事業費3000万円のうちの1500万円で、国が2分の1を補助する。市はこの事業費で熱海港の賑わい創出による「伊豆箱根地域観光拠点(海の玄関口)形成のための基盤整備検討調査」を行う。
大型クルーズ船受け入れは、伊豆半島で2万トンクラスの船が入港できるのは熱海港だけだが、現状では「にっぽん丸」(全長166・65メートル、2万2472トン)がぎりぎり。そこで西側の公園を削るなどして海外の巨大クルーズ船が着岸できるよう整備し、誘致を目指す。合わせて客船ターミナルの設置や観光バスの往来に伴う臨海道路の改修、熱海海釣り公園駐車場への民間宿泊施設建設などを調査検討する。
また水産施設の再編や熱海サンビーチの通年利用、後背地を含めたまちづくり構想を策定する。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る