【編集室】七夕、熱海湾に織姫星と彦星 今年もお約束通りランデブー


7月7日は七夕。離れ離れになった織姫星と彦星とが1年に1度デートするロマンチックな日です。織姫星はこと座のベガ、彦星はわし座のアルタイルと呼ばれる一等星。どちらも明るいので、割と簡単に見つけることができます。
ランデブー前夜の6日午後9時ごろから、熱海湾に天の川をはさんで向かい合うように位置するカップルが、お約束通りに現れ、熱海市のジャカランダ遊歩道から見ることができました。昔の人は、たらいに水を張って二つの星を映し、水をかき混ぜて、二つの光を一つにしてあげたそうです。
七夕の夜の熱海は晴天が予想され、夜9時頃にはご覧のような光景となり、肉眼でも楽しめます。市街では街明かりで天の川は見られませんが、見える星が少ない分だけ、織姫星と彦星(小さな点の方)は意外と探しやすい。デネブ(一等星)を含めた三角形の構図を参考にしてください。
ちなみに織姫星と彦星は、実際には光の速さでも15年ほどかかるほど離れているそうです。
(熱海ネット新聞天体取材班)
撮影=7月7日午前0時ごろ、ジャカランダ遊歩道


こちらは昨年の七夕ランデブー(熱海サンビーチ上空)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る