【観光】熱函道路、「あたみ梅ライン」でアジサイ見ごろ続く 一服の清涼剤

熱海市街から来宮駅、熱海梅園を通って函南方面へ向かう県道11号熱海函南線の一部、通称「あたみ梅ライン」(来の宮浄水場前~笹尻交差点までの3・4キロ)でアジサイの見ごろが続いている。熱海梅園からは10%~15%の勾配が続くが、自転車のヒルクライムに挑戦するロードレーサーの姿も目に付く。2020年東京五輪で自転車競技が採用され、会場が伊豆市に。ロードレースのコースが予想された都内の周回コースではなく、富士山を背景とする山岳ルートが急浮上したことも影響している。
ドライブする人も、自転車を漕ぐ人も、アジサイの花は一服の清涼剤。なぜか、「あたみ梅ライン」のアジサイは夏を超え、秋まで咲く花が少なくない。
(熱海ネット新聞)

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-8

    第31代ミス熱海「梅の女王」に杉本和香奈さん 聖心女子大卒の才媛

    熱海市観光協会は12月8日、起雲閣で「第31代ミス熱海梅の女王」と「同梅娘」「同桜娘」の発…
  2. 2019-12-8

    【お悔やみ】遠藤三子さん(熱海市昭和町)12月1日死去

    遠藤三子さん(えんどう・みつこ)12月1日死去、84歳。熱海市昭和町。みどり丸食堂。通夜9日午後6…
  3. 2019-12-7

    絶品アジの開きを食べてみて! 師走恒例「網代温泉ひもの祭り」始まる 

    熱海市の網代温泉で12月7日、師走恒例の第45回「網代温泉ひもの祭り」が始まった。毎年12…
  4. 2019-12-7

    【お悔やみ】初根しゆさん(熱海市下多賀)12月5日死去

    初根しゆさん(はつね・しゆ)12月5日死去、92歳。熱海市下多賀。出棺9日午前11時、JAホール南…
ページ上部へ戻る