【夏祭り】こがし祭りのお囃子練習、本番モード 夜の市街に太鼓や笛の音


「来宮神社例大祭・熱海こがし祭り山車コンクール」まで残り3日となった7月12日、熱海市街の各町内に太鼓や笛の音が響き、本番モードに入った。
初川のあゆみ橋では、清水町町内会(石氏倭雄会長)の子供たち20数人がお囃子の練習に取り組んでいる。午後7時からは小学校低学年(1~3年生)、午後8時からの1時間は主力部隊(4~6年生)がばちを握る2部構成。”選手層”の厚さは市内のトップクラス。こがし祭りの熱海囃子は屋台と馬鹿囃子が定番だが、清水町では数年前から神田丸も加えて練習し、昨年から本番投入。今年はさらに磨きをかけて臨む。稽古は7月1日から始まり、祭り前日の14日まで続く。お囃子は山車の装飾、行列とともに審査の対象。33町内の頂点を目指し、最後の調整に熱を帯びる。
(熱海ネット新聞)
お囃子動画(1~3年生)→IMG_4746


高学年(4~6年生)


低学年(1~3年生)



昨年の清水町山車

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  2. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減 コロナの影響で過去最低の200万人割れ

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  3. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
  4. 2021-2-25

    【お悔やみ】久松久子さん(熱海市中央町)2月23日死去

    久松久子さん(ひさまつ・ひさこ)2月26日死去、70歳。熱海市中央町18の6。通夜26日午後6時。…
ページ上部へ戻る