【夏祭り】こがし祭りのお囃子練習、本番モード 夜の市街に太鼓や笛の音


「来宮神社例大祭・熱海こがし祭り山車コンクール」まで残り3日となった7月12日、熱海市街の各町内に太鼓や笛の音が響き、本番モードに入った。
初川のあゆみ橋では、清水町町内会(石氏倭雄会長)の子供たち20数人がお囃子の練習に取り組んでいる。午後7時からは小学校低学年(1~3年生)、午後8時からの1時間は主力部隊(4~6年生)がばちを握る2部構成。”選手層”の厚さは市内のトップクラス。こがし祭りの熱海囃子は屋台と馬鹿囃子が定番だが、清水町では数年前から神田丸も加えて練習し、昨年から本番投入。今年はさらに磨きをかけて臨む。稽古は7月1日から始まり、祭り前日の14日まで続く。お囃子は山車の装飾、行列とともに審査の対象。33町内の頂点を目指し、最後の調整に熱を帯びる。
(熱海ネット新聞)
お囃子動画(1~3年生)→IMG_4746


高学年(4~6年生)


低学年(1~3年生)



昨年の清水町山車

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    客席は500席 建設費は30億円 熱海市が市民ホールの計画案を示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  2. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
  3. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  4. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
ページ上部へ戻る