【下多賀神社】天王祭で伝統の鹿島踊り 勇壮に奉納し無病息災祈る


熱海市の下多賀神社で7月13日夜、天王祭が斎行された。本殿での神事では、雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、渡辺幹夫総代長を始め、氏子、町内会の人たちが参列。無病息災と氏子町内の繁栄を祈願した。続いて境内で市指定無形文化財の鹿島踊りが奉納され、白装束に身を包んだ下多賀神社鹿島踊り保存会の会員たちが勇壮な踊りを奉納。地元住民らが周りを取り囲み、伝統行事に見入った。
疾病よけの夏祭りとして知られる天王祭は「牛頭天王(ごずてんのう)」を祭神とした厄病神祓いの祭りで、全国各地で「陰暦6月15日」を中心に行われる。京都・八坂神社の祗園祭りもその一つ。869年(貞観11年)、全国に流行した疫病を鎮めるために行われた「祗園御礼会」が始まりと伝えられる。下多賀地区でも毎年、この時期に行われる。
(熱海ネット新聞)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 1人は県内陽性者の濃厚接触者

    静岡県は12月2日、熱海市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1人は高齢者男…
  2. 2020-12-2

    コロナ対策に活用して 熱海市に消毒液寄贈 熱海南ロータリークラブ

    熱海南ロータリークラブの岸秀和会長と大舘節生幹事は12月2日、熱海市役所を訪れ、創立60周…
  3. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  4. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
ページ上部へ戻る