【編集室】梅雨前線、熱海をパス 多賀湾に「虹」 夏祭りを祝福? 



九州南部で梅雨明けの発表があった7月13日、静岡県内は梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、県西部を中心に局地的に激しい雨。静岡市で68ミリ、浜松市でも49・5ミリを記録した。ところがどっこい、夏祭りシーズンを迎えた熱海市は、最高気温30・5度で終日ピーカンの天候。夕刻にはご覧のような虹が現れた。下多賀神社天王祭を取材に向かう途中に撮影。
(熱海ネット新聞)

こちらは同時刻に飛んでいたド派手な飛行機。ちょっとびっくり!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  2. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  3. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  4. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
ページ上部へ戻る