【来宮神社】御神幸行列が熱海市街を巡行 例大祭が閉幕
















来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭は7月16日、神幸祭のあと、来宮の神々を御鳳輦に乗せて街に降りて氏子の地域を回る、例大祭最大の行事「御神幸行列」を行った。同神社から宮坂を下り、湯前神社、咲見町、熱海駅、汐見町を経て正午過ぎに熱海サンビーチへ至り、厄年奉賛会「跳昇伍團壱會」(としょうごうまるいちかい)」が「浜降り神事」を挙行した。
御神地の渚小公園で鹿島踊り、神子神楽、浦安の舞の奉納したあと、清水町通り、旭町観光通り、銀座町、市役所、福道町を経て午後4時前に同神社に戻り、還幸祭でつつがなく例大祭を終えた。鈴木宜志会長をはじめ、厄年奉賛会の会員の地元町内ではそれぞれが万歳を三唱。会員や町内会の人たちから祝福を受けた。「こがし祭り」と所縁が深い銀座町の老舗干物店「小沢ひもの店」前では鹿島踊りが奉納された。

行列の中の天狗(猿田彦)は天尊降臨の際案内した神様で、御鳳輦に鎮座する来宮大神の案内役を担う。巡行中は御祭神と御縁の深い「麦こがし」を撒きながら道中を御案内し、この「麦こがし」に触れると無病息災・身体健康になると伝えられることから、多くの市民や観光客が天狗のもとへ駈け寄った。道中では「来宮虎友兎會」の会員が「麦こがし」が入った袋を振る舞い、無病息災と熱海市の繁栄を願った。
(熱海ネット新聞)











厄年奉賛会「跳昇伍團壱會」

来宮神社例大祭で24年に1度回ってくる責任当番町を務めた西山町

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-25

    青紫のじゃじゃ馬娘、また咲き出す 季節外れのジャカランダ

    8月最後の日曜日となった8月25日、熱海市内の最高気温は28・9度(網代特別地域気象観測所…
  2. 2019-8-25

    勇壮な太鼓と笛の音響く 伊豆湯河原温泉納涼花火大会で泉太鼓保存会

    熱海市の伝統芸能を引き継ぐ「泉太鼓保存会」のメンバー11人が、8月24日夜に開かれた「伊豆…
  3. 2019-8-25

    遠州湖西の手筒花火、熱海の夜空焦がす 泉公園で納涼花火大会 伊豆湯河原温泉

    熱海市の泉公園で8月24日夜、延期されていた「伊豆湯河原温泉納涼花火大会」が開催された。渡…
  4. 2019-8-24

    厳しい暑さ収まり、花火見物に3万2千人 熱海サンビーチ、黒山の人だかり

    遅い梅雨明け後、いきなり猛暑に突入した今年の夏。今夏は例年より花火観賞に訪れる人が少なめに…
ページ上部へ戻る