【教育】テーマは「食育」 研究発表校の第一小PTAが講習会スタート



第一小学校PTA(高橋一孝会長)は7月20日、同校会議室で「食育講演会」(成人教育委員会・古川和広委員長)を開いた。講師に栄養士で熱海市健康づくり室の鹿田しげみ主幹を招き、「子供の食事事情と共食について」話を聞き、共に学んだ。
同校は、11月12日に桃山小を会場に開催される熱海市PTA協議会「研究集会」の今年度の発表校。テーマを「食育」と決め、この日の講習会から研究会をスタートさせ、男性父兄も含めて21人が出席した。
鹿田さんは平成27、28年度に同校が実施した「健康アンケート」を基に①熱海市の児童が抱える食の問題②「共食」家族で食卓を囲む重要性③夏休みの食育--について解説し、「学年が高くなるにつれ(子供が)1人で食事をする傾向が増えている。(親との)共食ができている家庭では、栄養バランスのとれた食事内容になっている。共食は、コミュニケーションの場だけではなく、健康にもかかわること」と推奨し、「食育について男の方に話をするとオレ、担当じゃないから奥さんに言ってとすぐにシャッターを閉めてしまい、そこかえら入れないケースが多い。家庭での食育においては父親の影響は大きく影響があり、きょうは男性の父兄にも聞いていただき、有意義な場がになったと思う」と話した。
(熱海ネット新聞)
◆高橋一孝PTA会長 小学生の学童期において食育は大事なこと。11月の「研究集会」での発表へに向けて、とてもいい話が聞けた。今後も様々な視点から研究を続けていく。


高橋一孝PTA会長(右)と講師の鹿田しげみ主幹

成人教育委員会・古川和広委員長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
ページ上部へ戻る