【ゴルフ】宮本勝昌、2年7カ月ぶり勝利 コースレコードタイの63で11勝目

 ◇ダンロップ・スリクソン福島オープン最終日(30日、福島・グランディ那須白河GC=パー72)
 1打差3位から出た宮本勝昌(44)=熱海市出身、ハートンホテル=が9バーディー、ボギーなしの63と大会コースレコードタイの猛チャージで通算22アンダー。14年の日本シリーズJTカップ以来、約2年7か月ぶりの通算11勝目を挙げた。韓国のI・H・ホ(30)が1打差2位。宮本は14年の日本シリーズ優勝で獲得した3年シードが今年で最後だったが、今大会の勝利で2年シードを獲得した。


来月にも45歳が、4回大会を制した。復興支援を掲げて始まった今大会で、「優勝できたことが嬉しい」と、福島のゴルフファンを喜ばせた。

1打差の首位で迎えた18番は、「ティショットも100点。セカンドも、100点。この緊張感の中で、ここまで完璧が2回続くことは今までなかった」。
フェアウェイの真ん中で、スプーンを持った2打目は「副交感神経か、アドレナリンか。集中力を高めて打つことが出来た」と奥に着弾させると、ボールはゆるやかに傾斜をたどった。観客の「戻れ、戻れ」の大合唱に乗って、じわりとピンに寄った。3メートルのイーグルチャンスに会場は沸きに沸いた。

「こんな勝ち方なかなかない。これを入れて、内村航平ばりの観衆をあおるようなパフォーマンスを」と、なぜか人気の体操選手をイメージしたVシーンは結局、実現せずとも44歳のビッグスマイルは、福島の人々の心を明るく照らすに十分だった。

同組の任成宰(イムソンジェ)は「まだ若いのに落ち着いていて、完成されたゴルフをする。引きはされないように」とそう言いながらも前半、19歳との一騎打ちも終始有利にゲームを進めた。
17番のボードで、後ろのIHが迫っていることを知っても冷静だった。
前日3日目には「もっとアグレッシブにやりたい」と切望しながら結局、大混戦の最終日も「今までやってきた中でも、非常に落ち着いてプレーをしていた」。
44歳が19歳と、破格の飛ばし屋の前で貫禄勝ちした。
最後は「実力どおり」とうそぶいて、大観衆を笑わせた。

2014年のゴルフ日本シリーズJTカップでツアー通算10勝目を飾ってから2年半。
「40歳を過ぎている人ならみんな思うとおもうが、自分はもう優勝できないかも、と。あれが、人生最後の優勝だったと」。
枯れかけた心に再び火がついたのは、今年4月のパナソニックオープンだ。
ひとつ上の久保谷健一とのプレーオフはその1ホール目に、まさかのOBを打つ屈辱。
「群を抜いて悔しい」と言った。
「これなら1打差の2位で終わったほうがましだった」と言った。
この悔しさは「勝つことでしか晴らせない」とも。

やにわに次の11勝目をがむしゃらに模索しはじめた中でも40代も後半にさしかかり、チーム芹澤の面々も、あれだけ羨んだ健康体に陰りが出ていた。
今年は持病のヘルニアの症状がでる頻度が確実に増えていた。
特に、この1ヶ月は予断を許さぬ状況に、恩人への思いが増した。優勝スピーチでスポンサーや関係者、ボランティアさんやコース、地元福島のギャラリーのみなさんへの感謝を述べた最後に、太田敦トレーナーの名前を挙げて「苦しい中で、いろいろなアイディアを出してくれた。おかげで勝つことが出来た。ありがとうございます」。
今週、バッグを担いでくれたプロキャディの佐藤亜衣理さんには「今週は体調が優れない中で、弱音も吐かずに頑張ってくれた。ありがとう」。

年齢を経て、失うものの多さと勝つことの厳しさを、痛感すればするほど、周囲への感謝の気持ちが増していく。
「自分が活躍することで、支えてくれる人たちが喜んでくれる。勝つことで、恩返しが出来る。そういう、支えてくれる皆さんと、喜びを分かち合いたい。若いころには思わなかったこと。自分は恵まれていると思う。そういう心境の変化がある」。

デビュー当時は、ジャンボ尾崎に可愛がられて、テレビや雑誌の取材が増えた。
石川遼が、史上最年少Vを飾った年にはたまたま選手会長として、脚光を浴びた。
「長いものに巻かれて成功してきた人間。僕の人生はツイている」。

前回の優勝で得た複数年シードが切れるこの年に、再び2年シードを獲得して、47歳まで出場権を確保したことも「運が良かった」と喜ぶ。
さらにそこに生涯獲得賞金25位内の資格も足せると思えば「48歳まで命が延びた。シニアへの道も開けてきた。苦しい時に、またこうして優勝させてもらって息が伸びた。神様や、ご先祖さまに感謝したい」とこのツアー通算11勝目も、まるで他力本願のように語るが今でも師匠の芹澤や、兄弟子の藤田にも負けず劣らぬ練習の虫である。

「これからもいろんなことをクリアして、人生最後の優勝をまたしたい。支えてくださる方々が、喜んでくださる顔をまた見たい」。
優勝スピーチを聞きながら、トレーナーの太田さんも、キャディの佐藤さんもボロボロと泣いていた。
これからも、人生最後の勝利を一度と言わず何度でも、重ねてまた何度でも恩人たちを泣かせてみたい。
(文と写真=日本ゴルフツアー機構)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る