【話題】夏休みの「ラジオ体操」始まる、熱海駅前商店街で夏の風物詩






全国的にラジオ体操を実施する地域が減少する中、熱海市の田原本町(杉山利勝町内会長)で8月1日、夏休み恒例のラジオ体操が始まった。午前7時、熱海駅前の平和通り、仲見世両商店街の子どもたちらが平和通り商店街のアーケードに集合。スピーカーから流れるリズムに合わせ第一、第二ラジオ体操に合わせ、しっかり腕を伸ばしたり足を曲げたりして、一日をスタートさせた。夏休みが始まっても子供たちに規則正しい生活を送り、健康で清々しい生活ってもらおうと、田原本町子供世話人会(鈴木宏泉会長)が毎年行っている。
終了後はお約束通り、カードに出席の印を押してもらい、ヤクルトのご褒美。この夏の風物詩、熱海市では現在も親しまれている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  2. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
  3. 2020-8-5

    【お悔やみ】山田チエさん(熱海市西熱海町)8月3日死去

    山田チエさん(やまだ・チエ)8月3日死去、98歳。熱海市西熱海町。出棺7日午前11時、熱海葬祭中央…
  4. 2020-8-4

    コロナ陰性の音楽カフェ利用者、1週間後に「陽性」 クラスター計13人

    陰性だった熱海市住人が1週間後に「陽性」判明ー。静岡県は8月4日、クラスター(感染者集団)が発生し…
ページ上部へ戻る