【開会式】川口健議長、母校・伊東高にエール あす「初島・熱海団体競泳」





第70回「初島・熱海間団体競泳大会(初島―熱海サンビーチ=約12キロ)」前日の8月3日、出場30チームの選手や関係者らが出席して開会式が熱海市役所で開かれた。NPO法人熱海市体育協会の杉山誠一理事長のあいさつに続いて、前年優勝の八王子水泳愛好会が森本要副市長に優勝旗を返還。同愛好会の東翔選手が選手宣誓し、健闘を誓った。来賓あいさつで、川口健市議会議長は「八王子水泳愛好会の皆様には是非3連覇を目指して頑張っていただきたい。また我が母校である伊東高校水泳部(前年2位)も含め、29のチームはこれを阻止すべく、健闘を期待している」とエールを送り、「熱海中学校水泳部の皆さんには、ホストチームとしてまた将来の熱海を担うとチームとして大いに活躍している」と激励した。
大会は初島港を4日正午にスタート。各チームの泳者3人は10メートル以内にまとまって泳ぎ、4時間の制限時間内でのゴールを目指す。各チームは午後2時過ぎから熱海サンビーチに続々ゴールし、表彰式は午後4時15分から、渚親水公園ムーンテラスで行う。
(熱海ネット新聞)
◆熱海のチーム 昨年17位(2時間35分30秒)の熱海中学校水泳部チームが今年も参戦。指揮者=上野勝彦、泳者=中野景登、杉村紗英、高橋颯季、審判員=野田秀作(熱海市水泳協会会長)。中学生チームは熱海中だけで最年少チーム。ゼッケン16。
◆杉山誠一実行委員長の話 今年は70回目の節目の年。風、波、潮の流れ、様々な厳しい自然条件の中で12キロを泳ぐ過酷なレースですが、歴史と伝統のある本大会で全員が完泳されるよう期待している。


杉山誠一理事長

中島一洋審判長


熱海中学校水泳部






昨年大会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  2. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  3. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  4. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
ページ上部へ戻る