【社会】桃山町で住宅で火災 1時間後に鎮火、白煙が東海道線の線路まで



8月9日午後4時50分ごろ、熱海市桃山町の熱海駅近くにある2階建て住宅で火災があり、およそ1時間後に消し止めた。家主は一人暮らしで仕事に出かけていたため、けが人はなかった。一時は白煙が東海道線の線路まで広がり、緊張が走ったが、消防の早期消化で運行に影響はでなかった。警察と消防は原因を調べている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-1

    多様なモミジ、鮮やかに熱海梅園彩る 日本一遅い紅葉がピーク突入

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレンジに染まり…
  2. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
  3. 2020-11-30

    熱海芸妓に公式マスコットキャラクター誕生! 愛称募集!

    熱海芸妓(げいぎ)の公式キャラクターデザインが誕生した。若い人たちや女性にも芸妓文化に親しみを持っ…
  4. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
ページ上部へ戻る