【社会】桃山町で住宅で火災 1時間後に鎮火、白煙が東海道線の線路まで



8月9日午後4時50分ごろ、熱海市桃山町の熱海駅近くにある2階建て住宅で火災があり、およそ1時間後に消し止めた。家主は一人暮らしで仕事に出かけていたため、けが人はなかった。一時は白煙が東海道線の線路まで広がり、緊張が走ったが、消防の早期消化で運行に影響はでなかった。警察と消防は原因を調べている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-25

    【文化】千利休の書状と沢庵宗彭の謡本 熱海市指定文化財に追加 

    熱海市教育委員会教委は11月24日、市指定文化財(古文書および書籍)に、世界救世教(本部・熱…
  2. 2017-11-25

    【お悔やみ】星野安枝さん(網代)11月23日死去

    星野安枝さん(ほしの・やすえ)11月23日死去、95歳。熱海市網代。通夜26日午後6時。告別式27日…
  3. 2017-11-24

    【熱海の花】今年は白の冬至梅(とうじばい)、熱海梅園で一番咲きを確認 

    「もみじまつりが」開催中の熱海梅園で11月24日、早咲きの梅が花を咲かせた。昨年より6日遅く、最近1…
  4. 2017-11-24

    【編集室】色づいた庭園を一般公開 新技術開発財団・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園(猪狩直人園長)で1…
ページ上部へ戻る