【社会】お盆の夜空に輝く風物詩、長浜で「灯ろう流し」 先祖の魂を弔う



南熱海のお盆の風物詩「灯ろう流し」が送り盆の8月16日、熱海市上多賀の長浜をはじめ、下多賀・池田港、中野海岸の3カ所であった。長浜ビーチでは、伝統行事「百八体流灯祭」の前に行われ、多賀観光協会が赤、黄、緑、白の水に溶ける灯ろう(1組1000円)を150個を用意。地元住人や観光客が買い求めたり、持ち込んだりした灯ろうにそれぞれ供養の言葉や願い事を書いて海に流した。海面に色とりどりの約400基が流れると、訪れた人たちは海面をゆるやかに流れる灯ろうが照らす淡い光に手を合わせ、先祖の魂を弔った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-24

    厳しい暑さ収まり、花火見物に3万2千人 熱海サンビーチ、黒山の人だかり

    遅い梅雨明け後、いきなり猛暑に突入した今年の夏。今夏は例年より花火観賞に訪れる人が少なめに…
  2. 2019-8-24

    【お悔やみ】久松初枝さん(熱海市中央町)8月21日死去

    久松初枝さん(ひさまつ・はつえ)8月21日死去、95歳。熱海市中央町。通夜24日午後6時。告別式2…
  3. 2019-8-24

    【お悔やみ】関原みさをさん(熱海市山手町)8月22日死去

    関原みさをさん(せきはら・みさを)8月22日死去、79歳。熱海市山手町。出棺24日午後2時、熱海葬…
  4. 2019-8-23

    最強地下アイドルユニット「仮面女子」、熱海海上花火大会に出現

    夏季熱海海上花火大会開催に合わせ、打ち上げ前に親水公園イベント広場で開かれる「ゆか…
ページ上部へ戻る