【社会】お盆の夜空に輝く風物詩、長浜で「灯ろう流し」 先祖の魂を弔う



南熱海のお盆の風物詩「灯ろう流し」が送り盆の8月16日、熱海市上多賀の長浜をはじめ、下多賀・池田港、中野海岸の3カ所であった。長浜ビーチでは、伝統行事「百八体流灯祭」の前に行われ、多賀観光協会が赤、黄、緑、白の水に溶ける灯ろう(1組1000円)を150個を用意。地元住人や観光客が買い求めたり、持ち込んだりした灯ろうにそれぞれ供養の言葉や願い事を書いて海に流した。海面に色とりどりの約400基が流れると、訪れた人たちは海面をゆるやかに流れる灯ろうが照らす淡い光に手を合わせ、先祖の魂を弔った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-20

    熱海でもスーパームーン観測、20日午前2時 明るさ3割増量

    月が地球に近付き、満月が普段より大きく見える「スーパームーン」が2月20日午前2時ごろ、熱海でも観測…
  2. 2019-2-18

    中村アンさん、熱海ベイリゾート後楽園「キャンペーン・アンバサダー」就任

    モデルで女優の中村アンさん(31)が3月28日に新規オープンする熱海市の複合型リゾート「AT…
  3. 2019-2-18

    複合型リゾート施設「熱海ベイリゾート後楽園」 3月28日開業記者発表会

    東京ドーム傘下で熱海後楽園ホテルなどを運営する東京ドーム・リゾートオペレーションズ(熱海…
  4. 2019-2-18

    今夜、スーパームーン! 満月のピークは20日午前0時54分ごろ

    月が地球に近づき、今年最も大きく見える満月「スーパームーン」が明日2月19日夕方から20日明…
ページ上部へ戻る