【観光】日本最大級、「270基のかがり火」で精霊送る 百八体流灯祭








お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から、熱海市の多賀海岸で営まれた。長浜ビーチから小山臨海公園がある中野までの約3000メートルに270基のかがり火が一斉にたかれ、先祖の精霊を送り、無病息災を祈った。
南熱海多賀地区は古くからみかんやだいだいの産地として知られ、夏になるとみかん畑の害虫駆除のため、海岸で大規模なたき火を実施。飛び込んできた害虫をまとめて除去したという。そんな伝統行事も昭和に入り姿を消したが、昭和30年代にお盆の送り火として復活。年々評判を呼び、近年は多賀地区最大イベントに成長した。当初は文字通り108基で始めたが、今では270基まで増え、住民が総出で火をともした。京都の「大文字」のような大規模な送り火はあるが、「一文字」では多賀の送り火は日本最大級という。海面は橙(だいだい)色に染まり、ゆらめく炎が幻想的-。
(熱海ネット新聞)
動画はコチラ百八体流灯祭


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
  2. 2021-9-20

    3連休で熱海サンビーチに多くの人 緊急事態宣言の長期化で息抜き

    秋の3連休の中日となった9月19日、熱海の人出は、前週日曜の12日から増えた。緊急事態宣言の長期化…
  3. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  4. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
ページ上部へ戻る