【文化】夏休み最後の休日、望遠鏡で月や惑星観察 自由研究にラストスパート

夏休み最後の日曜日となった8月27日、熱海市と函南町にまたがる十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)十国峠山頂で開かれている「星空・惑星観察会」に多くの家族連れらが集まった。夏休みの自由研究のラストスパートに入った子どもたちは、月光天文台(函南町)の渡邊裕彦台長から夏の星座や月、太陽系の惑星に関する説明を聞き、山頂広場へ。口径20センチの反射望遠鏡と同10センチの屈折望遠鏡を使い、順番に月や木星、土星を観察した。最終日は薄雲がかかったが、惑星や一等星は捉える事が出来、天体望遠鏡の性能と宇宙の神秘を体感しながら、新学期に備えた。熱海市内の小中学校の始業式は8月30日。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  2. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  3. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  4. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
ページ上部へ戻る