【文化】夏休み最後の休日、望遠鏡で月や惑星観察 自由研究にラストスパート

夏休み最後の日曜日となった8月27日、熱海市と函南町にまたがる十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)十国峠山頂で開かれている「星空・惑星観察会」に多くの家族連れらが集まった。夏休みの自由研究のラストスパートに入った子どもたちは、月光天文台(函南町)の渡邊裕彦台長から夏の星座や月、太陽系の惑星に関する説明を聞き、山頂広場へ。口径20センチの反射望遠鏡と同10センチの屈折望遠鏡を使い、順番に月や木星、土星を観察した。最終日は薄雲がかかったが、惑星や一等星は捉える事が出来、天体望遠鏡の性能と宇宙の神秘を体感しながら、新学期に備えた。熱海市内の小中学校の始業式は8月30日。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る