【経済】熱海サンビーチは前年比81・8%、長浜は52% 天候不順で大幅減

熱海市の今夏の海水浴場の入り込み数は、トータルで21万2023人(前年比73・4%)で、7万6792人減少した。8月、とりわけピークのお盆時期の天候不順の影響で大幅に落ち込み、東日本大震災が発生した平成23年(16万1198人)以来の少数だった。全国的には平成23年を下回った観光地もあるが、熱海市は夏季花火大会に下支えされる形で最小限の減少にとどまった。
市内の3海水浴場全てで減少しており、平成29年(7月8日~8月27日)の客数は次のとおり。カッコ内は前年比。
(熱海ネット新聞)
【今夏の各海水浴場の入り込み数】=全体では前年比26・6%減
▽熱海サンビーチ=16万5220人(81・8%)▽長浜海水浴場=4万3049人(52・0%)▽網代海水浴場=3754人(93・0%)


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-20

    熱海でもスーパームーン観測、20日午前2時 明るさ3割増量

    月が地球に近付き、満月が普段より大きく見える「スーパームーン」が2月20日午前2時ごろ、熱海でも観測…
  2. 2019-2-18

    中村アンさん、熱海ベイリゾート後楽園「キャンペーン・アンバサダー」就任

    モデルで女優の中村アンさん(31)が3月28日に新規オープンする熱海市の複合型リゾート「AT…
  3. 2019-2-18

    複合型リゾート施設「熱海ベイリゾート後楽園」 3月28日開業記者発表会

    東京ドーム傘下で熱海後楽園ホテルなどを運営する東京ドーム・リゾートオペレーションズ(熱海…
  4. 2019-2-18

    今夜、スーパームーン! 満月のピークは20日午前0時54分ごろ

    月が地球に近づき、今年最も大きく見える満月「スーパームーン」が明日2月19日夕方から20日明…
ページ上部へ戻る